• ホーム
  • スポーツ
  • 五郎丸選手&清宮監督、ビストロSMAPに初来店 プレースキック対決も

五郎丸選手&清宮監督、ビストロSMAPに初来店 プレースキック対決も

 関西テレビ・フジテレビ系『SMAP×SMAP』(毎週月曜 後10:00)で、11月2日放送の「ビストロSMAP」に、ラグビーワールドカップ2015(W杯)の日本代表として出場、優勝候補の南アフリカを倒す大金星をあげ、グループリーグで3勝するという大快挙を果たした日本代表・五郎丸歩選手と、所属するヤマハ発動機ジュビロの清宮克幸監督がそろって初来店。SMAPに質問攻めにされ、W杯にまつわる、今だから語れる本音が五郎丸選手の口から飛び出す。

 ヤマハの監督であり、甲子園で大活躍した清宮幸太郎選手(早稲田実業高校1年生)の父親でもある清宮監督には五郎丸選手との関係に始まり、プライベートについても根堀葉堀、中居オーナーが聞いていく。草なぎ剛は実はW杯前に放送されたドキュメンタリー番組で五郎丸選手の魅力に既にはまっていたことを明かす。

 稲垣吾郎は「僕もSMAPの“吾郎丸”なんで」と語るが誰も気づいていなかったとスタジオは大笑い。木村拓哉は「松葉杖のラガーマン」という作品でSMAPの中で唯一ラガーマンを演じたことがあると語り、実際に長野・菅平でラグビーを体験したところ「本当にキツかった!」と振り返る。木村の発言を受けて清宮監督から意外な事実が…。木村も「鳥肌が立った」というほどの驚きの木村と清宮監督のつながりが明らかになる。

 料理のオーダーは「とんかつ」。ビストロSMAPシェフたちは、日本中をわかせてくれた五郎丸、そして清宮監督のために腕によりをかけたとんかつ料理をつくる。木村・香取チームと稲垣・草なぎチームに分かれ、二人が喜んでくれそうな工夫をこらしたとんかつ料理でおもてなし。果たして勝利チームはどちらに。

 さらに、五郎丸といえばあのキック!ということで、プレースキック対決をすることに。ルールは一つ。SMAPは中央からキックできるが、五郎丸選手はハンデとして、SMAPが指定した場所からボールを蹴らなければならない。交代で蹴っていき、成功した回数を競う。あのお決まりのポーズも観ることができる。香取はなんと“慎吾郎丸”と名乗り、五郎丸に扮(ふん)して登場。対決を展開する中で、五郎丸選手にとってはハードルをあげるような提案を繰り出すSMAP。あの五郎丸選手が「余計な考えが頭をよぎってしまった」と語るところまで追い込んだSMAPの作戦とは?



オリコントピックス