• ホーム
  • 映画
  • Jホラーの巨匠・中田秀夫監督、実は「怖いの苦手」

Jホラーの巨匠・中田秀夫監督、実は「怖いの苦手」

 映画監督の中田秀夫氏が28日、都内で最新作『劇場霊』(11月21日公開)ジャパンプレミアに出席。『女優霊』『リング』『クロユリ団地』と名だたるホラー映画を生み出してきた中田監督だが、実は「本当に怖いのが苦手なんです」と打ち明けて会場を驚かせた。

 同作にちなみ、劇場に設置されたお化け屋敷を体験した中田監督は「ホラー監督20年やっていますが、怖いの苦手。急にわって出てこられるのが一番苦手」と告白。一緒にお化け屋敷に入った女優・足立梨花からは、恐怖のあまり「逆走していた」と暴露されていた。

 同作は「劇場」を舞台にトップ女優を目指すヒロイン・沙羅ら女優同士の争いと、何者かに襲われる彼女たちの惨劇を描いたホラー。トップの女優を目標に日々頑張るもののなかなか芽が出ない主人公を、AKB48グループ内のオーディションを勝ち抜いた島崎遥香が演じる。

 「女優さんってこういう仕事なんだって学びながらの撮影だった」という島崎に対して、中田監督は「緊迫感あるシーンの撮影の前は、オフカメラでもあえて和まないようにしようって言ったらちゃんと聞いてくれた。女優として階段を上がっていくステップに立ち会わせてもらった感じがする」とねぎらい、同作について「僕はホラー20年やってきたけれど、これから先も20年できるなという気分にさせてくれる映画」と自信をにじませていた。

そのほか、町田啓太、お化け屋敷プロデューサーの五味弘文氏が出席した。



オリコントピックス