• ホーム
  • 芸能
  • 嵐、年賀はがきの“顔”に決定 “年男”大野のおかげ?

嵐、年賀はがきの“顔”に決定 “年男”大野のおかげ?

 人気アイドルグループ・の5人が『2016年(平成28)年用お年玉付年賀はがき』のコミュニケーションパートナーに決定。29日より全国で放送される新テレビCM『年賀状、ください。宣言』篇に出演するなど来年の年賀はがきの普及をアピールする。

 今回の起用に、二宮和也は「いよいよ我々嵐も、年賀状の顔になったってことですよ」と喜び、相葉雅紀も「年賀状ですよ。すごくない? 日本の文化ですから」としみじみ。大野智が「僕があれですよ、来年申年だから」と“年男”を得意げにアピールすると、松本潤から「まぁ、それだけが理由ではないと思いますけどね」と冷静に突っ込まれていた。

 第一弾となるCMは、郵便ポストの中をイメージをした赤い箱の抽象空間で嵐全員がカメラ目線で「年賀状、ください」とお茶の間に呼びかけるシーンをきっかけに、年賀状にまつわるそれぞれの思いやエピソードをメンバー同士仲良く語り合うという内容。5人が「年賀状ください〜♪」と歌いながら、リズムに合わせて踊るシーンも盛り込まれ、和気あいあいとした雰囲気で撮影された。

 櫻井翔は「CMの中で『年賀状ください』というメッセージを言ってますけれども、今年はメンバーで誰が一番もらえるか、競ってみるのもいいかもしれないですね」と提案すると、松本は「どんな年賀状にするか、今から考えたいと思います」とノリノリ。二宮は「出したら、絶対に喜ばれる年賀状ですから、皆さんももらった人のうれしそうな顔を思い浮かべながら、ぜひ書いていただきたいと思います」と呼びかけていた。



オリコントピックス