• ホーム
  • 芸能
  • 『磯部磯兵衛物語』アニメ化、磯兵衛は山下大輝 16年に舞台も

『磯部磯兵衛物語』アニメ化、磯兵衛は山下大輝 16年に舞台も

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の仲間りょう氏のギャグ漫画『磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜』がアニメ化される。30秒程度のショートアニメで制作され、26日発売の同誌には「テレビ以外で見られるかも?」と予告されている。また来年春に舞台化されることも決定した。

 グダグダに生きるダメな武士・磯部磯兵衛(いそべ・いそべえ)を中心に、浮世絵風のタッチで展開されるギャグ漫画。アニメの監督は『北斗の拳イチゴ味』などのまんきゅう氏、制作はギャザリングが担当する。

 声優も発表され、磯部磯兵衛は『弱虫ペダル』の小野田坂道役の山下大輝、中島襄役は『ハイキュー!!』の日向翔陽役の村瀬歩、平賀源内役は『鬼灯の冷徹』ルリオ役の松山鷹志、母上役はたかはし智秋、ナレーションは坂本頼光が起用された。

 舞台版の脚本・演出は末満健一氏、音楽は和田俊輔氏。同誌には原作者のコメントとアニメキービジュアルも掲載されており、続報は今後明らかになる。



関連写真

  • 同誌に掲載されたアニメ『磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜』のキービジュアル (C)仲間りょう/集英社・磯豆奉行所
  • 『磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜』1巻表紙 (C)仲間りょう/集英社

オリコントピックス