• ホーム
  • 芸能
  • 間宮祥太朗&浦井健治、実写『ニーチェ先生』W主演 演出・脚本は福田雄一監督

間宮祥太朗&浦井健治、実写『ニーチェ先生』W主演 演出・脚本は福田雄一監督

 俳優の間宮祥太朗浦井健治が来年1月からインターネット映像配信サービス「Hulu」で配信される連続ドラマ『ニーチェ先生』で、W主演を務めることが明らかになった。100万部突破の人気漫画『ニーチェ先生〜コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた〜』(漫画・ハシモト/原作・松駒)を実写化した痛快コメディー。脚本・演出は『勇者ヨシヒコ』シリーズなどで知られる福田雄一監督が務める。また『Hulu』配信の約1週間後、地上波・読売テレビ(関西地区)での放送が決定している。

 今回、連ドラ初主演の間宮が演じるのは大学の仏教学部に在籍する通称“ニーチェ先生”こと新人コンビニ店員の仁井智慧(にいともはる)。悟りを開いたような態度で客や店員を翻弄する個性的なキャラクターだ。間宮は無駄なものを摂取しないという仁井の設定に合わせて体重を落とし、原作の雰囲気に合わせて髪の毛も短くするなど役作りに取り組んでいる。

 原作ファンからも注目される人気キャラに挑戦する間宮だが「漫画と同じ土俵で勝負しようとすると絶対漫画の可能性には勝てない」とキッパリ。「漫画には漫画、映像には映像の武器があると思うし、自分は三次元の仁井を演じるつもりです。三次元の仁井を構築する土台として漫画の仁井からもらっている部分は多分にありますが、ファンに受け入れられなかったらどうしようとはあまり考えずにやっていますね」と心構えを明かした。

 また、同じく連ドラ初主演の浦井が演じるのは就職浪人中のコンビニ店員、松駒役。常識人だが、社会に対する認識が甘く、一向に就職が決まらないという設定に「福田監督から『松駒君は浦井君そのものだからそのままで良い』と言われていたので、とても楽しく演じられました(笑)」と満足げ。「もちろん、原作ファンの方に敬意を持って、松駒君をやらせていただける事に誇りと共に感謝を込めて演じたので、楽しんでいただけたら良いなと思っています」と呼びかけた。

 福田監督は、今回の撮影を通し「役者さんがそれぞれの相手が自分を面白がっているから、それに応えようとしてハジけているなということです。監督にでも視聴者にでもなく、目の前にいる共演者に応える芝居を全員がしていたように思います。なので、チームとしての熱は日を増すごとに高まりました。そんな熱がすべて作品に反映されていると思いますし、深夜ドラマにあるようでなかった独自ジャンルを築く新しいドラマに仕上がっていると思います」と自信を込めている。



関連写真

  • ドラマ『ニーチェ先生』でダブル主演を務める(左から)間宮祥太朗、浦井健治 (C)2016「ニーチェ先生」製作委員会
  • 『ニーチェ先生〜コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた〜』の原作表紙カット(KADOKAWA) (C)Hashimoto (C)Matsukoma

オリコントピックス