• ホーム
  • 映画
  • 吉永小百合、“SAMURAI賞”山田洋次監督を祝福「人生の師」

吉永小百合、“SAMURAI賞”山田洋次監督を祝福「人生の師」

 女優の吉永小百合が26日、東京・歌舞伎座で行われた『第28回東京国際映画祭プレゼンツ 歌舞伎座スペシャルナイト』に出席。同映画祭で、比類なき感性でサムライのごとく、常に時代を切り開く革新的な映画を世界へ発信し続けてきた映画人の功績を称える「SAMURAI(サムライ)賞」を受賞した山田洋次監督を祝福するゲストとして、花束を持って登場した。

 吉永は、最新作『母と暮せば』(12月12日公開)を含め、5本の山田監督作品に出演。「私にとっては、山田学校の校長先生」のような存在だといい、「人生の師です。撮影の合間に楽しい思い出話を聞かせてくれた」とにっこり。山田監督も「この人にはウソをつけない、真実を語らないといけないという気にさせてくれる。だから、いいことを言っちゃうけれど、僕にとって励みにもなっている」と笑顔を向けていた。

 山田監督とともに同賞を受賞したジョン・ウー監督は「最も尊敬する映画の師匠、山田洋次監督とともに受賞できて夢のよう」とコメント。きょうに備えて、夜通しウー監督作を観てきたという大友啓史監督も祝福に駆けつけた。



オリコントピックス