錦戸亮主演『サムライせんせい』初回7.4%

 関ジャニ∞の錦戸亮が主演するテレビ朝日系ドラマ『サムライせんせい』(毎週金曜 後11:15※一部地域を除く)の初回が23日放送され、番組平均視聴率が7.4%だったことが26日、わかった。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。

 黒江S介氏の同名漫画(リブレ出版)が原作。錦戸が演じる幕末の志士・武市半平太が現代日本にタイムスリップ。侍の格好のまま、学習塾の手伝いをすることになる。時代のギャップ感満載のバカバカしい笑いを提供しながら、村で起こるさまざまな問題を“侍”らしい方法で解決していく和製SFコメディー。

 初回の出番はわずかだったが、おしゃれなカフェにいて、洋服を着こなし、だて眼鏡をかけた神木隆之介が実は半平太よりも一足早く、現代にタイムスリップしていた坂本龍馬。幕末の土佐藩で龍馬と半平太が親友だったのは史実だが、本作ならではの半平太と龍馬の関係性が全編をとおして描かれ、ひも解かれていく。

 ほかに比嘉愛未藤井流星ジャニーズWEST)、黒島結菜、森本レオ、梶原善らが出演する。



オリコントピックス