• ホーム
  • 映画
  • 森田剛主演『ヒメアノ〜ル』“異例”のR15指定へ

森田剛主演『ヒメアノ〜ル』“異例”のR15指定へ

 古谷実氏の漫画を実写化し、V6森田剛が初主演する映画『ヒメアノ〜ル』の公開日が来年5月28日に決定し、R15 +指定となることが25日、わかった。森田演じる凶悪な連続殺人犯による暴力シーンをリアルに描くなど、関係者試写では途中退席者が出るほど挑戦的な内容となっている。

 同作は、『行け!稲中卓球部』『ヒミズ』などの人気漫画家・古谷氏のベストセラーを『麦子さんと』『銀の匙 Silver Spoon』の吉田恵輔監督が実写化。古谷作品が持つ独特な要素を含みながらも過激な内容にファンのあいだで物議を醸し、実写化不可能ともいわれていた話題作で、森田が所属するジャニーズ事務所の俳優が主演する映画でR15 +指定がつくのは異例となる。

 「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田(濱田岳)は、同僚の安藤から、想いを寄せるユカ(佐津川愛美)との恋のキューピッド役を頼まれてカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田正一(森田)と出会う。

 ユカから、森田にストーキングされていると知らされた岡田は、高校時代に過酷ないじめを受けていた森田に対して、不穏な気持ちを抱くが…。

 新たなキャストとして、ユカをに恋心を抱くキケン(?)な男・安藤勇次をムロツヨシが演じると発表され、「大好きな森田剛と濱田岳に挟まれて、好演しました。この場合の好演とは、好きなように演じさせてもらった、の意味です。“喜”と“悲”が交じりに混じった映画、皆さんに観てもらう映画ができました」と自信たっぷり。「最後に一言。この映画に出れて、ほんと、うれしい。こんにちは」と出演を喜ぶコメントを寄せている。



オリコントピックス