• ホーム
  • 芸能
  • 川畑泰史&松村恵美、吉本新喜劇とよさこいのコラボに期待「ネタとダンスを融合」

川畑泰史&松村恵美、吉本新喜劇とよさこいのコラボに期待「ネタとダンスを融合」

 吉本新喜劇の川畑泰史と松村恵美が24日、関西学院大学神戸三田キャンパスを訪問。同校のよさこいサークル「関学よさこい連 炎流」が特別出演する『よさこい新喜劇』をPRするため、学祭中のキャンパス内を練り歩いた。

【写真】その他の写真を見る


 「関学よさこい連 炎流」のメンバーら約120人が躍動感あふれる演舞を披露した後、スペシャルゲストとして呼び込まれた川畑は「教えたとおりに踊っていたので、あれほど僕の思いが通じているとは」と得意げ。すかさず松村が「お兄さん、教えてはったんですか?」とツッコミを入れ、新喜劇さながらの掛け合いに会場は笑いに包まれた。

 川畑は「ダンスへのまっすぐな姿勢と純粋なパワーが魅力」と炎流のよさこいを絶賛したうえで、「炎流の方にもお芝居に参加してもらい、お笑いの部分を担当してもらいます」と予告。ディズニーランドでのショー経験がある松村は、川畑から「坂田師匠の“よいとせのこらせ”や、めだかさんが猫になるところをダンスにできないか」との無茶ぶりを受けているようだが、「それぞれの方の持ちネタとダンスをどう融合できるか」と意気込んでいる。

 同作は、吉本新喜劇の定番の笑いを交えながら、コラボダンスができるまでを追うストーリー。大阪・なんばグランド花月で、11月9・10日に上演される。



関連写真

  • 関西学院大学神戸三田キャンパスで『よさこい新喜劇』のPRを行った川畑泰史(中央)と松村恵美(右)
  • キャンパス内を練り歩きながら『よさこい新喜劇』をPR
  • 関西学院大学神戸三田キャンパスで『よさこい新喜劇』をPR

オリコントピックス