• ホーム
  • 映画
  • 竹内結子、主演作試写中にギブアップ「元来、怖がり」

竹内結子、主演作試写中にギブアップ「元来、怖がり」

 女優の竹内結子が25日、都内で開催中の『第28回東京国際映画祭』内で行われた主演映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』(来年1月30日公開)のワールドプレミア記者会見に出席した。

 原作『残穢(ざんえ)』(新潮社刊)は、著者が「一生で一度しか使えないアイデア」を用いた本格ホラーに挑んだ渾身の長編小説。発売と同時に読者からは「あまりにも怖くて最後まで読めない」との声があがるほど話題となり、第26回山本周五郎賞を受賞した。

 中村義洋監督から直接オファーを受け「断る理由がない」と出演を快諾した竹内。しかし「元来、怖がり」だといい、後からホラー映画だと知ると「受けなきゃよかったなと思いましたね…」と笑いながら本音を漏らした。

 撮影中も「何も怖くない。(幽霊なんて)信じていない、と言い聞かせていました」と明かして笑わせたが、共演した橋本愛が「(ホラーは)全く平気なほう。フィクションや作り物の場合ですけど、鈍感なほうなんです」とひょうひょうと語ると、驚きながらも「こんなたくましい相棒を持ててうれしく思う」と笑っていた。

 中村監督が「最後のシーンを撮っているとき、空中で女の人がしゃべってるのを聞いちゃって、みんな怖がってましたね。『データの音声が流れた』みたいに言っていたけど、出るはずないところから音が出ていましたからね…」「タクシーの車内の撮影で、カメラマンしか乗ってないはずなのに下のほうから手が出てる」といったホラー作品ではおなじみの、撮影中の心霊体験話を披露。

 初めてその話を聞いた竹内は「うっかりとんでもないことを聞いてしまった」と青ざめ、「あまりの怖さに試写も途中でギブアップしたけど、この話を聞いてもう観なくていいですか?」と直談判して会見場を沸かせていた。



関連写真

  • 心霊エピソードに青ざめる『残穢』主演の竹内結子(中央) (C)ORICON NewS inc.
  • 『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』(来年1月30日公開)のワールドプレミア記者会見に出席した(左から)橋本愛、竹内結子、中村義洋監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス