• ホーム
  • 芸能
  • 香取&草なぎ、原宿登場でファン熱狂 初の公開生放送「あたふた」

香取&草なぎ、原宿登場でファン熱狂 初の公開生放送「あたふた」

 人気グループ・SMAP香取慎吾草なぎ剛が25日、bayfm『SMAP POWER SPLASH』(毎週日曜 後7:00)に生出演した。1995年4月からスタートした同番組は、20年の歴史で初となる公開生放送。東京・原宿のAmebaFRESH!スタジオに集まったファンらは終始熱狂し、二人の“超至近距離”トークを楽しんだ。

 大勢のファンを目の前にして「番組20周年で何かやろうとは言ってたけど、急すぎない? 俺が思ってたよりもとんでもない規模だね! すごいよ」と声を弾ませた香取。番組では珍しい生放送とあって、草なぎも「あたふた以外の何物でもないね」と興奮気味に話した。

 ガラス越しにファンに話しかけ、手を振るなど、束の間の交流を楽しんでいた二人。香取は「(トークが)いつもよりちゃんとしてる」と笑い、草なぎは「皆さんに愛されてる番組なんですね」とファンの“直”の反応を噛み締めていた。

 香取の主演映画『ギャラクシー街道』の公開を記念して行われた番組初の公開生放送。JR原宿駅前のスタジオ付近では、入れ替え制の観覧や遮断幕を張るなどし、混雑回避の措置がとられていた。

 番組内では、草なぎが作詞・作曲した番組20周年記念ソング「シンツヨ BE ON RIGHT!」を“生歌”で披露。また、香取が自身の主演作の見どころを紹介し、途中には監督・脚本を担当した三谷幸喜氏が電話出演。1時間の放送を終えると「あっという間だね」と口をそろえていた。

 映画『ギャラクシー街道』は、西暦2265年の宇宙にある“ギャラクシー街道”の片隅の小さなハンバーガーショップを舞台に、そこで働く店員と客、すべて宇宙人たちが織りなすスペースロマンティックコメディー。



オリコントピックス