武田梨奈、今井雅之さんの遺作公開に涙

 女優・武田梨奈、俳優・大杉漣らが24日、都内で行われた映画『かぐらめ』の初日舞台あいさつに出席。同作は、今年5月に亡くなった俳優・今井雅之さんの映画出演作品の遺作でもある。主演を務めた武田は「今井さんが一番、完成を楽しみにしていた。でも絶対にどこかで観てくださってる。この作品を通して、役者としても人間としても成長することができた」と涙ながらに話した。

 同作の撮影後に訃報を聞き「びっくりしました」と切り出した大杉は「元気で裏表のない方。舞台をすごい愛している方でした」とほほ笑みながら「現場でいっぱいはしゃいで、僕とくだらない話をたくさんしました。本当に学ぶところが多かった」と、演劇界の第一線を共に戦った盟友との最後の共演をしみじみと振り返った。「今井さんの気持ちや俳優としての魂のようなものはこの『かぐらめ』の中に詰まってる」と観客に呼びかけていた。

 山梨県都留市を舞台にした同作は、日本の伝統芸能「獅子神楽」を巡る親子の物語。大杉の娘役を演じた武田は「大先輩の役者さんなので、すごく緊張しました」と吐露。険悪な親子仲を演じるため、現場での会話も少なかったといい「すごく寂しかったけど、それが映画の中で活きてきた。私の役の雰囲気も作ってくれた」と感謝した。

 舞台あいさつにはそのほか、黒川芽以筒井真理子森岡龍朝加真由美、脚本を担当した難波望氏、奥秋泰夫監督が出席した。



関連写真

  • 涙ながらに舞台あいさつを行った武田梨奈(左)(C)ORICON NewS inc.
  • 今井雅之さんとの最後の共演をしみじみと振り返る大杉漣(右)
  • 映画『かぐらめ』初日舞台あいさつの登壇者(左から)朝加真由美、森岡龍、筒井真理子、武田梨奈、大杉漣、黒川芽以、難波望氏、奥秋泰夫監督

オリコントピックス