• ホーム
  • 映画
  • 花江夏樹、“デジモン”太一役は「相当感動です」 松澤アナからも太鼓判

花江夏樹、“デジモン”太一役は「相当感動です」 松澤アナからも太鼓判

 テレビアニメ『デジモンアドベンチャー』初代の続編として制作された劇場版アニメ『デジモンアドベンチャー tri.(トライ) 第1章』のプレミア先行上映会舞台あいさつが23日、都内で行われ、声優の花江夏樹三森すずこM・A・Oが出席した。

【写真】その他の写真を見る


 劇場版は、成長し、高校生となった“選ばれし子供たち”を描く。パートナーデジモンの声優はテレビアニメシリーズを続投したが、“選ばれし子供たち”は一新され、花江は八神太一、三森は武之内空、M・A・Oは太一の妹・八神ヒカリをそれぞれ演じる。

 リアルタイムで初代「デジモン」を視聴していた花江は「ここに立てていることに緊張しています。だって、太一ですよ? 相当感動しています」としみじみ。太一役に決まった時は「すごく悩んだ。アニメを全部見返して、アフレコに臨んだけど、それでも不安だった」と振り返り、「でも完成した作品を観て、ドキドキしたけど、そこまで違和感がなかった。太一として演じられたらなと思った」と胸を張った。

 さらに、「デジモンファン」の松澤千晶フリーアナウンサーからも演技に対して太鼓判を押されたといい、「違う現場でお会いしたら、握手をされて開口一番『本当によかったです』って号泣し始めた。一つたかが外れて落ち着いた」とうれしそうに語った。

 劇場版は6章まで製作される。M・A・Oは「再会してやっと旅が始まった。これから冒険をしていただけたらうれしい。色んな人間図もどうなっていくのか妄想を膨らませながらアフレコを楽しみに待っている状態です。皆さまも楽しみに」とあいさつ。三森も「空は、太一のことも、ヤマトのことも心配でお母さんみたいな存在。空を一言で表すと母性だと思う。みんなを包み込めたらいいな」と語った。



関連写真

  • 映画『デジモンアドベンチャー tri. 第1章』プレミア先行上映会後に舞台あいさつを行った(左から)M・A・O、花江夏樹、三森すずこ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)MAO、花江夏樹、三森すずこ (C)ORICON NewS inc.
  • 『デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」』場面カット(C)本郷あきよし・東映アニメーション
  • 『デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」』場面カット(C)本郷あきよし・東映アニメーション
  • 『デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」』ポスタービジュアル (C)本郷あきよし・東映アニメーション
  • 映画『デジモンアドベンチャー tri. 第1章』プレミア先行上映会後に舞台あいさつを行った(左から)M・A・O、花江夏樹、三森すずこ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス