• ホーム
  • 映画
  • キアヌ主演作をリメイク 『X-ミッション』2・20日本公開決定

キアヌ主演作をリメイク 『X-ミッション』2・20日本公開決定

 パトリック・スウェイジ、キアヌ・リーブス主演で大ヒットした映画『ハートブルー』(91年)をリメイクした『X-ミッション』の日本公開日が、2016年2月20日に決定した。

 同作は、『ハートブルー』にインスピレーションを受け、『ワイルド・スピード』のエリクソン・コア監督がメガホンを取った最新作。元アスリートの若きFBI捜査官ジョニー・ユタが、エクストリーム・スポーツのカリスマ、ボーディ率いる超一流アスリートチームに潜入捜査をする。

 一流アスリートチームを率いるカリスマ的存在のボーディを演じるのは、『ボーン・アルティメイタム』(07年)、『ゼロ・ダーク・サーティ』(13年)などに出演するエドガー・ラミレス。FBI捜査官ジョニー・ユタを、『スパイ・レジェンド』(15年)で知られるルーク・ブレイシーが演じる。

 世界の4大陸で撮影を敢行し、特大の波に乗るサーフィン、ウイングスーツ・フライング、絶壁を滑走するスノーボーディング、高低差によるフリー・ロッククライミングなど、トップクラスのアスリートたちが、ノーCGによる生身のアクションシーンに挑んでいる。



オリコントピックス