• ホーム
  • 映画
  • R・ゼメキス監督、マーティ&ドクにメッセージ「時空を壊すな」 続編制作は否定

R・ゼメキス監督、マーティ&ドクにメッセージ「時空を壊すな」 続編制作は否定

 映画監督のロバート・ゼメキス氏(63)が21日、都内で映画『ザ・ウォーク』(来年1月23日公開)来日記者会見に出席。監督作『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』のなかで、主人公マーティとドクが30年後にタイム・トラベルをした日付を迎えたきょう、2人へ向けて「時空をいじるな、壊すなと伝えたい」とメッセージを送って笑わせた。

【写真】その他の写真を見る


 ゼメキス監督は、「今ここにいられることうれしく思います。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』デーですから。30年はあっという間でした」と話し、続編を望む声には「ありません。シリーズは三部作として出来上がっているから」と否定した。

 同作は、1974年に当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センターの間をワイヤーロープ1本でつなぎ、命綱なしの空中闊歩(かっぽ)に挑戦した、フィリップ・プティ氏の著書を実写化。プティ役をジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じる。

 記者会見は、作品にちなんで47階という高所で行われ、プロデューサーのジャック・ラブキー氏も登場した。



関連写真

  • 来日した映画監督のロバート・ゼメキス氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 47階で行われた記者会見に出席した(左から)ロバート・ゼメキス氏、ジャック・ラブキー氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ザ・ウォーク』の来日記者会見に出席した(左から)ロバート・ゼメキス氏、ジャック・ラブキー氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ザ・ウォーク』の来日記者会見に出席したロバート・ゼメキス氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ザ・ウォーク』の来日記者会見に出席したロバート・ゼメキス氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス