• ホーム
  • 芸能
  • 熊倉一雄さん死去 追悼の声続々 神谷明「感謝しきれません」

熊倉一雄さん死去 追悼の声続々 神谷明「感謝しきれません」

 アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の主題歌や、イギリスの人気ドラマ『名探偵ポワロ』のエルキュール・ポワロの吹き替えなどで知られる、俳優で演出家の熊倉一雄(くまくら・かずお)さんが、12日午後3時24分、直腸がんのため亡くなった。88歳。訃報を受け、声優の神谷明、ミュージカルで共演した今陽子が悼み、ブログを通じて感謝の言葉をつづった。

 劇団テアトル・エコー時代にお世話になったという神谷は「劇団の大先輩であると同時に恩師でした。プロの道に飛び込み、右も左も分からない私たちを大きな愛で導いてくださいました。厳しいご指導の中で見せた優しい笑顔…今でもはっきりと覚えています」と回顧。

 続けて「その三枚目の演技、歌唱の素晴らしさに感動し、稽古場で穴の開くほど見せていただきました。後年、キン肉マンを演じることになった時、それがどれほど役に立ったか、感謝してもしきれません。熊倉一雄さん…熊さん! 本当にお世話になりました。謹んでご冥福をお祈りいたします」と偲んだ。

 また、ミュージカル『オズの魔法使い』で共演した今陽子は、「私は、『名探偵ポアロ』の熊倉さんの吹き替え大好きでした!」とつづると、7日に心室細動のため81歳で亡くなった人気落語家・八代目橘家円蔵(たちばなや・えんぞうお)さんの訃報とともに「頑張られた大先輩の方々に『長い間 お疲れ様でした。ゆっくり休んでください…』ご冥福を お祈りします…」とした。

 ツイッター上でも「調べてみたらこんなにディズニー作品に関わっていらっしゃった…。コグスワースやスミーの声、好きでした」「熊倉一雄さんの歌声は永遠に僕らの心の中に生き続けています」「パパンダのあの優しい声がもう聞けないと思うとさみしいです」「ヒッチコック、ポワロ、ひょうたん島のトラヒゲと言えばみんなは分かる熊倉一雄さんが亡くなった。俺はむしろ『ばくさんのかばん』のばくさんが心に残ってる」など熊倉さんが演じたキャラクター写真とともに続々と追悼の声が上がっている。



オリコントピックス