• ホーム
  • 映画
  • おかずクラブ、ブスイジりに変化「イジって大丈夫?と聞かれる」

おかずクラブ、ブスイジりに変化「イジって大丈夫?と聞かれる」

 お笑いコンビ・おかずクラブが18日、京都市内で開催中の『京都国際映画祭2015』で、映画『ダメ男に復讐する方法』の舞台あいさつに出席。オカリナは冒頭に「たまに深津絵里に似てるねって言われるオカリナです〜」とあいさつして笑わせた。

 司会を務めたヤナギブソンが「そんなことないやろ!」とツッコミを入れつつも、オカリナは「2回くらいメイクさんに言われたことがある」と得意げ。相方のゆいPは「骨格が似てるのかね〜?」と笑いながら同調した。

 大ブレイクを果たし「わたしの時代がやってくる」と声を弾ませたオカリナだが、昨今の女芸人界ではアジアン・隅田美保が発端となった“ブスイジり騒動”が巻き起こっている。ゆいPが「たまに『イジって大丈夫?』って聞かれる」と余波について明かすと、オカリナは「それだとこっちは困る。商売上がったりですよ!」と苦笑い。二人はブスイジり“歓迎”の姿勢を見せた。

 また、キャメロン・ディアスの主演映画とあって二人は終始、“いい女”風に恋愛トークを展開。「ダメ男」について聞かれると「暴力を振るう人、働かない人、ギャンブルは嫌ね〜」と口をそろえて、トークに花を咲かせていた。

 昨年『京都映画祭』からリニューアルし、今年で2回目の開催となる同映画際は、「京都は、変や乱が好き▽(ハート)」をテーマに映画、アート、工芸、演芸などあらゆる分野で京都から世界に向けて発信する。よしもと祇園花月をメイン会場に、イオンシネマ京都桂川、京都市役所前広場、元・立誠小学校などで18日まで開催される。



関連写真

  • 『京都国際映画祭2015』舞台あいさつに出席したおかずクラブ (C)ORICON NewS inc.
  • 『京都国際映画祭2015』舞台あいさつに出席したおかずクラブ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス