• ホーム
  • 音楽
  • 乃木坂・松村沙友理、アニメ話題に興奮「涙が出てきます」

乃木坂・松村沙友理、アニメ話題に興奮「涙が出てきます」

 アイドルグループ・乃木坂46松村沙友理が17日、都内で行われた映画『心が叫びたがってるんだ。』舞台あいさつに登壇。人気アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のスタッフが再集結した同作では乃木坂が主題歌「今、話したい誰かがいる」(28日発売)を担当。大のアニメファンである松村は当初は控えめにあいさつしたものの、司会の吉田尚記アナウンサーから話を振られると「AnimeJapanで制作が発表された時からすっごく楽しみにしてたんですよ! 『え、まじでやるの』って」と堰(せき)を切ったようにマシンガントークをさく裂させた。

【写真】その他の写真を見る


 「(脚本の)岡田麿里作品が歴代大好きでどんだけ号泣したか!」と早口でまくし立て「主題歌っていうのはアニメの顔のようなもの、そのプレッシャーを感じていたので、きょうもなんで私がここに立っているんだろう?って! この映画に関われただけでもうれしいのに…代表してここに立っているのがうれしくて…涙がでてきます〜」と感激しきりだった。

 衛藤美彩が「(松村は)普段のレッスンから『あの花』のTシャツを着ている」と明かすと松村は「映画館に買いに行って、『ここさけ』のTシャツも実は持ってます!」と興奮気味に報告。吉田アナから「このままだと松村さんだけのトークショーになってしまう」と釘を刺されると申し訳なさそうにうなだれていた。

 この日は秋元真夏、衛藤、齋藤飛鳥高山一実深川麻衣、星野みなみ、松村が登壇。劇中で主人公たちがミュージカルに挑戦する展開から、高山は「私は主役はダメなので、準主役で一番せりふが少ない役がいい」、星野は「普段そういうタイプじゃないので主役をやってみたい」とそれぞれ妄想。深川から「まっつんはいろいろな作品を観ているから脚本がいい」と提案された松村は「任せてくれたら、寝ないで書く!」とやる気をみせていた。



関連写真

  • アニメの話題でマシンガントークをさく裂させた松村沙友理 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『心が叫びたがってるんだ。』舞台あいさつに登壇した(左から)松村沙友理、星野みなみ、深川麻衣、高山一実、齋藤飛鳥、衛藤美彩、秋元真夏 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに登壇した、齋藤飛鳥 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに登壇した、秋元真夏 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに登壇した、衛藤美彩 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに登壇した、高山一実 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに登壇した、星野みなみ (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに登壇した、深川麻衣 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス