• ホーム
  • 芸能
  • 「およげ!たいやきくん」40年ぶりリメイク曲完成 歌うのは誰!?

「およげ!たいやきくん」40年ぶりリメイク曲完成 歌うのは誰!?


 オリジナルの曲が発表されてから、ちょうど40年。オリコン歴代シングル売上第1位、子門真人が歌う「およげ!たいやきくん」(売上枚数:457.7万枚)が、リメイクされることになった。

 1975年にフジテレビの子ども向け番組『ひらけ!ポンキッキ』のオリジナル曲として発表された同曲のリメイクを思いついたのは、NHK・BSプレミアムで放送中の子ども向け番組『ワラッチャオ!』(毎週日曜 前10:30)だ。

 「子どもたちに新たなヒット曲を届けたい!」という番組出演キャラクターたちの思いから始まったこの企画は、議論を重ねるうちに、安易にも「ヒット曲にあやかるのが手っ取り早い」との結論に至り、「およげ!たいやきくん」に白羽の矢を立てたのだった。

 時代は昭和から平成へと移り、世相も、子どもたちをとりまく環境も大きく変わった。現代の“子どもたちの心に響く”ようにリメイクするプロジェクトが始動。元祖「およげ!たいやきくん」を手がけた作詞家・高田ひろお氏が参加し、原曲のメロディラインはそのままに、歌詞を大胆に変えることで、現代にふさわしい楽曲を目指すことになった。そして、成長した「たいやきくん」を描いたラブソングに生まれ変わった「およげ!たいやきくん 2015」が完成した。

 9月6日の放送で、「およげ!たいやきくん」のリメイクを発表して以降、毎週進捗状況を番組内で伝えてきたが、18日の放送でついに歌手発表と初披露されることに。「およげ!たいやきくん 2015」を歌うのは誰か。「たいやきくん」は、どのように生まれ変わるのか。

 「およげ!たいやきくん」のシングルレコードが発売されたのは、1975年12月25日、クリスマスの日。番組では、12月20日の放送を目指し、2015年版の映像も制作中だ。



関連写真

  • 着ぐるみたちが、子どもを楽しく笑わせる、異色の子どもバラエティー番組として、2013年秋にスタートしたNHK・BSプレミアムの『ワラッチャオ!』(C)NHK
  • 2015年春から新しいお姉さんとして出演している寺崎裕香(C)NHK
タグ

オリコントピックス