• ホーム
  • 芸能
  • ABC『おはよう朝日です』喜多アナ、女医役でドラマ出演「実は子役やっていました」

ABC『おはよう朝日です』喜多アナ、女医役でドラマ出演「実は子役やっていました」

 ABC朝日放送『おはよう朝日です』のメインMCを務める“関西の朝の顔”喜多ゆかりアナウンサー(34)が、17日深夜に同局でスタートするドラマ『チア☆ドル』(毎週土曜 深0:45、全10話※関西ローカル)に、女医役で出演する。喜多アナは「実は、ちょっとの期間だけ子役をやっていた私。元子役の演技、ぜひご覧ください」とアピールしている。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、ABCが約7年ぶりにローカル連続テレビドラマを制作。個性あふれる女子8人のアイドルグループ「スパークス」が、事務所倒産の危機を救うべく、売れない“文化系地下アイドル”から体育会系・チアリーディングアイドル、略して「チア☆ドル」に路線変更し、メジャーアイドルを目指す青春スポ根ドラマだ。

 喜多アナの出演シーンは、スパークスがアイドルとして起死回生を図るため、出場を決意したチアリーディング世界大会まで残りわずかとなった矢先にリーダー・赤井岬(溝口恵)の足に異変が起こる。その岬を診察する女医を演じた。

 撮影は東京で行われたため、『おは朝』の生放送後、即移動。「走って現場に入って 、あれよあれよという間に白衣を着せていただき、あっという間に医務室のセットに座っていました。ドラマ現場のすごい緊張感に入社12年目の私もガチガチになってしまいました」と怒とうの1日を振り返った。

 溝口の細い足に見とれたり、リハーサルで大粒の涙を流す演技を目の当たりにしてびっくりしたり、ドラマの現場にテンションは上がりっぱなし。「もう少し冷淡な感じの女医で」 と指導を受ける場面もあったが、無事、務めを果たした。

 「『おはよう朝日です』で、コント風に白衣を着たことはありましたが、まさかドラマの現場で着させていただけるなんて、誰が想像したでしょう。こんな先生がいたら笑ってしまいますね。でも、『おはよう朝日です』ではなかなか見せない“真面目な顔”をお見せできたかと思います」と話していた。

 なお、第1話の冒頭のナレーションは、元サッカー日本代表で、約3年ぶりに現役選手に電撃復帰したゴン中山こと、中山雅史(48)が担当。「頑張っているすべての人に見て欲しい」と、不屈の精神力を持つ熱き男が、ドラマの中で熱いメッセージを送る。



関連写真

  • ABC『おはよう朝日です』でおなじみの喜多ゆかりアナウンサーがドラマ『チア☆ドル』に女医役で出演(C)ABC
  • 赤井岬を診察するシーン。「とてつもなく細くてかわいくて見とれてしまいました」と喜多アナ(C)ABC
  • チア☆ドル「スパークス」のメンバーと(C)ABC
  • ABC『おはよう朝日です』でおなじみの喜多ゆかりアナウンサーがドラマ『チア☆ドル』に女医役で出演(C)ABC
  • ABC『おはよう朝日です』でおなじみの喜多ゆかりアナウンサーがドラマ『チア☆ドル』に女医役で出演(C)ABC
  • ABC『おはよう朝日です』でおなじみの喜多ゆかりアナウンサーがドラマ『チア☆ドル』に女医役で出演(C)ABC

オリコントピックス