• ホーム
  • 音楽
  • ゲスの極み乙女。初の横アリで1万2000人熱狂 デビュー作全曲披露のサプライズ

ゲスの極み乙女。初の横アリで1万2000人熱狂 デビュー作全曲披露のサプライズ

 男女4人組バンド・ゲスの極み乙女。が14日、初のアリーナツアー『ゲスチック乙女〜アリーナ編〜』の最終公演を開催した。ダブルアンコールでは、インディーズ時代のデビュー作の5曲入りミニアルバム『ドレスの脱ぎ方』(2013年3月発売)を全曲演奏するサプライズなどで盛り上げ、単独ライブでは自己最多の1万2000人を熱狂させた。

 ボーカル川谷絵音の「横浜アリーナ!」の第一声で、この日発売されたニューシングルの「無垢な季節」でスタート。川谷はハンドマイクで広いステージをゆっくり歩きながら大歓声を浴び、「星降る夜に花束を」「パラレルスペック(funky ver.)」などで会場を揺らし、「私以外私じゃないの」では女性コーラスのオペラ風なハーモニーで魅了した。

 ちゃんMARI(Key)は「MCでやってみたかったことがある」といい、「アリーナ! スタンド! みんなで!」とあおると、おなじみの「コポゥ!」でコール&レスポンスし、「ナイス!」とご満悦。休日課長(B)はメジャーデビュー前に仕事をしながらバンド活動をしていたエピソードを語り、「ここまで来ました!」と感慨深げだった。

 ほな・いこか(Dr)が「そろそろ“ゲスの4箇条”が聴きたいんじゃないの?」と前フリし、「ホワイトワルツ」の曲間恒例の「ゲスの4箇条」が読み上げられたほか、インディーズ時代からの人気曲「餅ガール」のアウトロではこちらも恒例となっている客席への餅(もち)まきで大盛り上がり。

 アンコールでは川谷とほな・いこかの掛け合いが印象的な新曲を初披露したほか、Wアンコールでは両サイドのスクリーンにメンバー4人のLINEでのやり取りが映し出され、インディーズ1stミニアルバム『ドレスの脱ぎ方』を全曲演奏することを発表した。

 場内が驚きに包まれるなか、メンバーは同作収録順に「ぶらっくパレード」「モニエは悲しむ」、ライブでは初披露となった「ゲスの極み」を演奏。さらに、川谷が以前からファンを公言しているNabowaのギタリスト・景山奏がゲストとして登場し、「momoe」で共演。ラストは休日課長によるコール&レスポンスから「ドレスを脱げ」で盛大に締めくくった。

 同ツアーは3公演計2万7000人を動員。最終公演の模様は来年1月にスペースシャワーTVで独占放送される。

■ゲスの極み乙女。ワンマンTOUR『ゲスチック乙女〜アリーナ編〜』
01. 無垢な季節
02. 星降る夜に花束を
03. パラレルスペック(funky ver.)
04. 私以外私じゃないの
05. ロマンスがありあまる
06. だけど僕は
07. スレッドダンス
08. 猟奇的なキスを私にして
09. デジタルモグラ
10. サイデンティティ
11. ホワイトワルツ
12. オトナチック
13. Ink
14. 餅ガール
15. アソビ
16. キラーボール
【アンコール】
17. 新曲(タイトルなし)
18. ノーマルアタマ
【Wアンコール】
19. ぶらっくパレード
20. モニエは悲しむ
21. ゲスの極み
22. momoe
23. ドレスを脱げ



関連写真

  • アリーナツアー最終公演を横浜アリーナで開催したゲスの極み乙女。 撮影/橋本塁(SOUND SHOOTER)
  • Wアンコールを含む全23曲を熱演
  • 新曲、インディーズ1stミニアルバム全曲披露などでも沸かせた

オリコントピックス