• ホーム
  • 音楽
  • イ・ジョンジェ、ファン・ジョンミンら豪華スターが競演 “俳優”スホとディオ(EXO)も登場

イ・ジョンジェ、ファン・ジョンミンら豪華スターが競演 “俳優”スホとディオ(EXO)も登場

 アジア最大の映画祭として注目を集める釜山国際映画祭が今年も華やかに開催された。セレモニーMCを務めたソン・ガンホのほか、イ・ジョンジェ、ファン・ジョンミン、キム・ナムギル、キム・ジェウクら人気俳優に加えて、ユ・アイン、キム・ウビン、パク・ボヨン、コ・アソン、EXOのスホ、KARAのギュリ、台湾からのチェン・ボーリンら新鋭俳優やアイドルたち――。一夜限りのオールスター夢の競演は今年も大歓声を浴びた。

 今回で20回目となる釜山国際映画祭が、今年も盛大に華々しく開催された。節目の年を迎える今回は、恒例の初日オープニングセレモニーのレッドカーペットに、豪華俳優たちが華やかにドレスアップして大集結。映画ファンにつつまれた会場を大いににぎわせた。

 そんななかでも大きな歓声を浴びたのが、数多くの映画に出演しているベテラン俳優たち。オープニングセレモニーのMCを務めるソン・ガンホの登場から、レッドカーペットはまるでアイドルを迎えたような大騒ぎになった。若手俳優らを圧倒するその人気ぶりが、まさに同映画祭の勢いを現しているように感じられる。

 続々と姿を現す俳優たちにマスコミのフラッシュがたかれるなか、ひと際大きな拍手と歓声があがったのが、イ・ジョンジェ。日本でも『新世界』『観相』『10人の泥棒たち』でおなじみだが、多くのヒット作に出演する彼の映画大国・韓国での人気ぶりに驚かされる。さらに、チョン・ウソン、ファン・ジョンミン、チュ・ジフンがそろってレッドカーペットに足を踏み入れたときは、それまでを上回る盛り上がりに。手を振りながらさっそうと歩く男たちの貫禄のある姿は圧巻。アイドル顔負けの歓声のなかでスターぶりを見せつけた。

 一方、釜山国際映画祭の名物でもある女優たちの艶やかな競演は、一時期ほどの過激さは抑えられているが、昨年と比較すると今年はパワーアップ。日本でも人気のハ・ジウォン、KARAのギュリがセクシードレスで登場したほか、ソン・イェジンは清純派をイメージさせる白いドレス、パク・ボヨンはキュートなミニのドレス、コ・アソンは妖艶なデザインの黒のドレスで大人っぽさをアピール。そのほかキム・ゴウン、チェ・ジョンアン、パク・ソダムら旬の人気女優たちが華やかにセレモニーを彩り、歓声を浴びた。

 そんなレッドカーペットで目玉のひとつだったのが、人気グループ・EXOのリーダー・スホ。映画初出演作となる『グローリーデイ』での映画祭参加となり、レッドカーペットでは多くのメディアの声がけに答えながら、客席を見渡してその歓声に応えるようにしっかりと手をふり笑顔を見せた。EXOメンバーの映画やドラマ出演が続くなか、今後のスホの俳優としての動向も気になるところ。ちなみに昨年の同映画祭に参加していたディオ(ド・ギョンス)は、今年は会期中盤に行なわれたスターロードイベントに登場。関係者からの注目を集め、アイドルとしてだけではなく、俳優としての地位もしっかりと確立しつつあることを示した。

 そのほか、オープニングのレッドカーペットでは、パク・ソンウン、キム・ジェウク、イ・スヒョク、台湾からのチェン・ボーリンらスターが続々と登場。映画大国・韓国ならではの大歓声を浴び、レッドカーペットを盛り上げた。



オリコントピックス