• ホーム
  • 芸能
  • 大映女優経て劇団NLT 女優・目黒幸子さん死去

大映女優経て劇団NLT 女優・目黒幸子さん死去

 女優の目黒幸子(めぐろ・さちこ、本名・井上幸子=いのうえ・さちこ)さんが8日午前3時23分、骨髄腫および老衰のため自宅にて死去。89歳だった。葬儀は12日に近親者で済ませ、13日、所属する劇団NLTが発表した。

 目黒さんは1948年、大映第4期ニューフェイスに合格し多摩川撮影所に入社。同期に中条静夫、早川雄三。1949年『愛染草』(田中重雄監督)でデビューし、1971年の大映倒産まで在籍し、100本以上に出演した。大映在籍中に浪曼劇場に加わるが、三島由紀夫の自死により劇団は解散となった。

 1984年、賀原夏子に誘われて劇団NLTに入団後は『水族館』『ニノチカ』『くたばれハムレット』『オスカー』『宴会泥棒』等の翻訳コメディを中心に出演。三越劇場での『嫁も姑も皆幽霊』『喜劇・桜の園』『極楽ホームにいらっしゃい』等の創作劇や、外部出演『湾岸から遠く離れて』『我が青春のマリアンヌ』等も多数。テレビドラマでも『ザ・ガードマン』『特捜最前線』など活躍した。

 夫は大映監督の故・井上芳夫。1989年に離婚。1981年から1983年にかけて井上幸子名で活動した。



オリコントピックス