• ホーム
  • 映画
  • 村上ショージ、約2メートルの墨絵を初お披露目 きょうから誓願寺で展示

村上ショージ、約2メートルの墨絵を初お披露目 きょうから誓願寺で展示

 お笑い芸人の村上ショージが、約2メートルの竹紙(ちくし)に描いた「墨絵作品」など9作品が、13日より京都・誓願寺にて展示された。公開初日に同所で取材に応じた村上は、初お披露目となる“大作”を横に出来栄えを語った。

【写真】その他の写真を見る


 「ほぼ我流」で描いた今作は、作業期間は20日ほどで「3種類の筆ペンを50本以上」を使用したという。「竹紙がデカすぎて構図がなかなか思い浮かばなかった」と苦労を明かしつつ、空想上の景色を描き「お寺とかもあって、京都らしさを描きました」と笑顔でアピール。

 続けて「こんなすてきな誓願寺にやってもらうには、俺も真剣に描かなあかんなと思った」と真剣な表情に。村上にオファーしたおかけんたも完成品を間近に見て「本当にすごいですよね、驚いていますよ」と絶賛していた。

 15日から18日まで開催される『京都国際映画祭2015』に先立ち、同所では村上の作品と共に『又吉直樹×「文学」の世界』と題して、ピース又吉の芥川賞受賞作『火花』のカバーを飾った1.6×1.6メートルを超える装画『イマスカ』(作・西川美穂氏)や、又吉が考案し書道家・田中象雨氏が描いた『新・四字熟語』など関連作品を展示する。



関連写真

  • 墨絵作品を公開した村上ショージ(左)と村上にオファーしたおかけんた (C)ORICON NewS inc.
  • 作品は約2メートル (C)ORICON NewS inc.
  • 『火花』のカバーを飾った『イマスカ』(作・西川美穂氏) (C)ORICON NewS inc.
  • 約2メートルの墨絵作品を公開した村上ショージ (C)ORICON NewS inc.
  • 約2メートルの竹紙に描いた墨絵作品を公開した村上ショージ(左)と村上にオファーしたおかけんた (C)ORICON NewS inc.
  • 約2メートルの竹紙に描いた墨絵作品を公開した村上ショージ(左)と村上にオファーしたおかけんた (C)ORICON NewS inc.
  • 『京都国際映画祭2015』展示会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『京都国際映画祭2015』展示会の模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス