• ホーム
  • 芸能
  • AKBホラー、テレ朝からTBS・MBSに感染拡大 メンバー11人がヒロイン

AKBホラー、テレ朝からTBS・MBSに感染拡大 メンバー11人がヒロイン

 AKB48島崎遥香が主演するホラー映画『劇場霊』(11月21日公開)のスピンオフドラマ『劇場霊からの招待状』が制作、TBSとMBSで放送されることになり、AKB48グループメンバー11人がヒロインを務めることが明らかになった。出演メンバーは下記のとおり。

 第一話 横山由依(AKB48 チームA)
 第二話 岡田奈々(AKB48 チーム4
 第三話 入山杏奈(AKB48 チームA)
 第四話 加藤玲奈(AKB48 チームB)
 第五話 古畑奈和SKE48チームKII)
 第六話 中野郁海(AKB48 チーム8・AKB48 チームK兼任)、小栗有以(AKB48 チーム8)
 第七話 北原里英NGT48
 第八話 向井地美音(AKB48 チームK)
 第九話 高橋朱里(AKB48 チーム4)
 第十話 木崎ゆりあ(AKB48 チームB)

 AKB48グループメンバー40人が主演するドラマ『アドレナリンの夜』を今月7日に地上波放送(テレビ朝日)とネット配信の両輪でスタートさせたばかりだが、Jホラーならぬ、AKBホラーが複数のテレビ局に感染拡大し、新たな局面へと導く。

 そもそもの出発点は、『リング』『クロユリ団地』などの傑作ホラーを生み出してきた中田秀夫監督の最新作『劇場霊』にある。AKB48グループ全メンバーを対象とした中田監督によるオーディションを経て、島崎が主演の座を獲得。嫉妬・憎しみ・怨念がうずまく、閉ざされた“劇場”を舞台に、フルスピードで駆け抜ける恐怖で観る者を圧倒する作品が作られた。

 映画に先駆け、TBSで16日から、MBSで18日からスタートする本ドラマは、学校で、自宅で、病院で、そして劇場で…、日常と地続きの世界にある「私の身にも起こるかもしれない」理不尽な恐怖体験を、1話完結のオムニバスドラマとして全10話展開する。脚本を手がけるのは、『クロユリ団地』『劇場霊』の三宅隆太氏と加藤淳也氏。中田監督自身も監督の一人としてドラマ版に参加する。映画にも出演している小市慢太郎がナビゲーターとして出演する。

 横山は「今回初めて、ホラーをやらせていただきました。身近に潜む怖い出来事のお話です。中田監督の撮影では、学ぶことがいっぱいありました」と手応え。入山は「悲鳴を上げるシーンではのどが痛くなりました。私が担当した話はホラー度の高いホラー作品に仕上がっていると思います」と言えば、北原も「AKB48グループのいろんなメンバーが演じていますが、その中でも一番面白かった、怖かった、と言われる作品になると良いなと思います」と、それぞれ負けん気を見せる。

 向井地は「私が担当した話は、感動もできるお話になっています。特にラストのシーンは、ぜひ皆さんに涙してもらいたいので、ハンカチを用意してぜひご覧ください!」とアピールしている。

■放送情報
TBS 初回10月16日(深3:22〜)、以降毎週金曜深夜
MBS 初回10月18日(深2:20〜)、以降毎週日曜深夜
※放送時間は変更になる可能性あり。※ネット配信も予定。



オリコントピックス