• ホーム
  • 芸能
  • 有村架純、デビューから5年 「爪あとを残そうとしない」爪あとの残し方

有村架純、デビューから5年 「爪あとを残そうとしない」爪あとの残し方

 女優の有村架純(22)が満を持して連続ドラマの初主演に挑んだ作品、WOWOWの『連続ドラマW 海に降る』(毎週土曜 後10:00)。

【写真】その他の写真を見る


 「私にとってすごく大きな挑戦でした、主演ですし、また一つ、作品を乗り越えられたな。主人公の深雪という女の子を演じ切れたことが自信になったというか、自分の経験を積み木に例えると、また一つ積み上げることができたな、と感じています」と充実感をにじませた。

 有人潜水調査船「しんかい6500(6K)」の日本人初となる女性パイロットが、深海の謎に命をかけて挑む、海洋ロマンあふれるヒューマンドラマ。JAMSTEC(海洋研究開発機構)の全面協力を得て、水深1500メートルでの撮影も敢行。神秘的かつ驚異的な深海の映像美を、全篇4Kで撮影し、フルハイビジョン画質で放送される。

 「もともと深海に興味があった」と有村。本作への出演が決まってから「ワクワクして深海魚のことを調べたり、水族館に見に行ったりしました。まだ誰も触れたことがない世界、未知との遭遇は神秘的で興味は尽きないですよね」。

 主人公・深雪は、負けず嫌いの性格で、亡き父の遺志を継いで6Kのパイロットを目指し、搭乗するチャンスをつかむ。

 「私も仕事に対して、男も女も関係なく一人の役者として夢や目標を持ち続けようと思っているので、深海の宇宙を目指す主人公に共感するところがありました」。

 有村は2010年のドラマ『ハガネの女』(日本テレビ)でドラマデビュー。13年には国民的大ヒットとなった連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)で、小泉今日子が演じる天野春子の若かりし頃を演じて大ブレークを果たした。今年3月には、映画『ストロボ・エッジ』で主演を務め、金髪が話題になった映画『ビリギャル』は大ヒット。2016年には映画『僕だけがいない街』『アイアムアヒーロー』の公開が控えている。

 「爪あと残そう残そうとすると、から回ってしまう。ぐっと力が入っちゃってせりふも変に力んじゃうし、リラックスな状態、平常心をキープするのが一番いいんだなって、最近、気づきました。この5年で学んだことです(笑)」

 劇中ではサーフィンに興じるシーンも。有村にとっては初挑戦となった。「乗れるかなって思っていたけど、乗れないですね(笑)。(ボードの上に)立てるかなと思ったけど、立てないですね(笑)。ボードの上で上体を起こすので精いっぱいでした。乗れるようになったらすごくかっこいいだろうな。でも実は、水がちょっと苦手で、あんまり泳げないんですよ」と、年相応の、いたずらっぽい笑顔を見せていた。

 
 『連続ドラマW 海に降る』第1話(無料)は17日正午より再放送あり。17日午後10時より第2話放送。毎週土曜、午後10時よりWOWOWプライムで放送(全6話)。



関連写真

  • WOWOW『連続ドラマW 海に降る』で連続ドラマ初主演を務めた有村架純 (C)ORICON NewS inc.
  • 有人潜水調査船「しんかい6500(6K)」の日本人初となる女性パイロット役を演じる(C)WOWOW
  • 井上芳雄(左)が共演(C)WOWOW
  • WOWOW『連続ドラマW 海に降る』場面写真(C)WOWOW
  • WOWOW『連続ドラマW 海に降る』キービジュアル(C)WOWOW

オリコントピックス