• ホーム
  • 芸能
  • 川越シェフ、“大先輩”の料理を食レポ 「緊張します」と恐縮

川越シェフ、“大先輩”の料理を食レポ 「緊張します」と恐縮

 料理人でタレントの川越達也が10日、都内で行われた『信州美食フェアinGINZA』キックオフイベントに特別ゲストとして登壇した。イベントでは信州の食材を使用したメニューを試食することになった川越シェフだったが、GINZA kanseiの坂田幹靖シェフの料理を本人の目の前で食レポすることとなり「緊張しますよ、大先輩なので…」と恐縮しきりだった。

 本人が同席するなか坂田シェフによる『信州美食弁当』に舌鼓を打った川越シェフはシャンパンで漬けたピクルスに「きゅうりでシャンパンを飲む文化はないですがシャンパンが欲しくなる」とコメント。リンゴジャムであえたマスカットのデザートを「最強のコラボ」と絶賛した。

 ひと通り、おいしそうに味わった川越シェフだったが「偉そうにシェフの前で語ってしまい気が引けます…なんで来たんですか!」と苦笑い。司会から自身の代官山の店舗でも信州の食材を使用することをお願いされると「僕でよければ」と快諾していた。

 同フェアは25日まで開催。期間中は参加店舗にて信州食材とのコラボメニューやアンテナショップである東京・銀座NAGANOにて『信州美食弁当』を平日限定販売する。



関連写真

  • 『信州美食フェア in GINZA』キックオフイベントに出席した「GINZA kansei」の坂田幹靖シェフ(左)と川越シェフ (C)ORICON NewS inc.
  • 信州の食材の魅力をPR (C)ORICON NewS inc.
  • 「GINZA kansei」の坂田幹靖シェフ(右)の料理を本人の前で実食 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス