• ホーム
  • 芸能
  • 新婚・東出昌大、大人の“初恋”を経験 “ピンときた”相手とは?

新婚・東出昌大、大人の“初恋”を経験 “ピンときた”相手とは?


 俳優・東出昌大が、8日より放送されているサントリーウイスキー『トリス〈クラシック〉』の新テレビCMで、初の酒のCM出演を果たしていることがわかった。東出は仕事帰りに一人でBARを訪れたサラリーマンに扮し、数ある酒の中から“ピンときた”ウイスキーのロックをゴクリ。落ち着いた大人の雰囲気で、バーテンダー役の柄本明とのやり取りも心温まるCMとなっている。

【写真】その他の写真を見る


 CMはある日の夕方、スーツを着た東出が仕事帰りに商店街を歩くシーンから始まる。ふと目に止まったBARに入り、黙々とグラスを拭くカウンターの柄本におすすめを尋ねると、「(自分が)ピンときたのでいいんですよ…」と穏やかな表情。そこで、カウンターに並べられたウイスキーを眺めていると、キャラクター“アンクルトリス”が「恋といっしょ…」とつぶやく。意を決して、『トリス〈クラシック〉』をオーダーする東出。初めてウイスキーのロックを口にし、うっとりした様子の東出にアンクルトリスが「まずは友達から」とつぶやき、柄本は「初恋ですか?」とニッコリ微笑む。

 撮影は早朝からスタート。「すごくお酒が好きなので、やりたいなとずっと思っていたものでした」と東出にとっては念願の酒のCM出演だったそうで、実際に『トリス〈クラシック〉』を飲むシーンも撮影したりと、長時間の撮影だったにもかかわらず、監督の要望にも終始ハキハキと答えていたそう。撮影の合間には柄本との会話を楽しみ、まるで本物のバーテンダーと客のような和やかな雰囲気を醸し出していたという。

 父親が酒好きで、家にはいつもウイスキーが常備してあった影響で、普段からウイスキーを飲んでいるという東出。いつもはストレートで飲むことが多いそうだが、「夏場はハイボールも好きですね。水割りも飲むし…何でも飲みますね(笑)」と相当のウイスキー好きの模様。「僕の父も毎晩ウイスキーを1、2 杯飲んで、気持ち良さそうに寝ていたんです。すごく昭和な父って感じで。だから、晩酌っていいなって。ホッとする瞬間だったり、仕事から帰ってきて家庭に落ち着くという、その切り替えの瞬間だったりするので、そういう年の重ね方をしていきたいなって思います」と明かしてくれた。

 新テレビCM「ピンときた」篇は、8日より全国で放送される。



関連写真

  • 東出昌大が出演する『トリス〈クラシック〉』の新テレビCM「ピンときた」篇
  • 東出昌大が出演する『トリス〈クラシック〉』の新テレビCM「ピンときた」篇
  • 東出昌大が出演する『トリス〈クラシック〉』の新テレビCM「ピンときた」篇
タグ

オリコントピックス