• ホーム
  • 音楽
  • Superfly、20枚目シングルは自身初のカップリングベスト付き

Superfly、20枚目シングルは自身初のカップリングベスト付き

 ボーカリスト・越智志帆のソロユニット・Superflyの20枚目のシングル「黒い雫 & Coupling Songs:‘Side B’」が、自身初のカップリングベスト盤付きのCD2枚組で12月2日に発売されることが明らかになった。

 ディスク1は、西島秀俊主演の連続ドラマ『無痛〜診える眼〜』(毎週水曜 後10:00 フジテレビ系)の主題歌に起用された「黒い雫」をはじめ、新録2曲、ライブ音源2曲を収録。

 20枚目のシングル発売を記念した特典のディスク2には、デビューシングル「ハロー・ハロー」から18thシングル「愛をからだに吹き込んで」までのカップリング曲を集約。2009年に期間限定で配信されていたレア音源「愛をこめて花束を」のピアノバージョンも盛り込んだ豪華2枚組のシングル(※オリコンの集計はアルバム扱い)となる。

 初回生産限定盤は、5月30日に5thアルバム『WHITE』発売記念として大阪城西の丸庭園で行われたフリーライブの映像を全曲収録したDVD付きの3枚組で発売される。



オリコントピックス