• ホーム
  • 芸能
  • 『孤独のグルメ』初の海外出張先は台湾 現地キャストと初対面

『孤独のグルメ』初の海外出張先は台湾 現地キャストと初対面

 俳優の松重豊扮する主人公・井之頭五郎がただひたすらに“一人”で美味しいものを食べ続けるテレビ東京系深夜ドラマ『孤独のグルメSeason5』(毎週金曜 深0:12)。今月23・30日に放送される第4・5話で、シリーズ初の海外出張として台湾を訪れていたことがわかった。

 日本人の旅行先としても人気の台北の他、北東部に位置する宜蘭県の街にも足を向ける。仕事の合間にちょっと変わった食品を口にしながら、本格的に腹を満たす料理を探し求める井之頭五郎は、いったい何を食べるのか。異国情緒あふれる料理の数々を楽しむことができる。

 また、この台湾編には、台湾で撮影された中国版『孤独のグルメ』である、『孤独的美食家』の主人公・伍郎を演じるウィンストン・チャオが出演。日台両方の主人公が出会うだけではなく、2人の食事シーンでの競演が描かれる。

 松重は「想像のつかないような味で、自分でも思ってもいないようなリアクションが取れたんじゃないかと思っています。また、どこへでも行ける番組だなということが分かりました。それからロケ中、現地の方からのお声掛けが多く、日本以外のアジアでもいろんな方にこの番組を知っていただけていたことがわかってうれしかったです」と話していた。



関連写真

  • テレビ東京・ドラマ24『孤独のグルメ Season5』初の海外出張先は台湾
  • (左から)松重豊、ウィンストン・チャオ

オリコントピックス