• ホーム
  • 芸能
  • 『DEAR BOYS』が連載26年に幕 最終回まで「あと2回」

『DEAR BOYS』が連載26年に幕 最終回まで「あと2回」

 八神ひろき氏による人気バスケ漫画『DEAR BOYS』が連載26年の歴史に幕を閉じることが6日、わかった。同日発売の『月刊少年マガジン』(講談社)11月号で「クライマックスまであと2回」と予告された。

 過去に起きた暴力事件により、4人だけとなった瑞穂高校男子バスケットボール部が、転校してきた天才バスケ選手・哀川和彦を迎えたことで復活し、全国制覇を目指す物語。1989年より連載スタートし、「THE EARLY DAYS」「ACT2」とシリーズを重ね、現在は「ACT3」が連載中。テレビアニメ、ミュージカルも制作された。

 単行本の最新刊20巻は10月16日、21巻は来年2月16日発売される予定。



タグ

オリコントピックス