• ホーム
  • 芸能
  • 林家菊丸、11・8に独演会開催「本当の意味でのスタート」

林家菊丸、11・8に独演会開催「本当の意味でのスタート」

 落語家の林家菊丸が5日、大阪・上片落語協会会館で『第一回 三代目林家菊丸独演会〜家の芸〜』開催会見を開いた。9月27日になんばグランド花月で行った襲名披露公演を終えて「本当の意味での三代目 林家菊丸としてのスタートをやっと切れる。芸の振り幅の広さを発揮したい」と意気込みを語った。

【写真】その他の写真を見る


 同公演では、二代目 林家菊丸作「吉野狐」、初代 林家蘭丸作「大晦日浮かれの掛け取り」、自身の創作落語「眠れない男」を披露し、ゲストとして内海英華が出演する。

 「正直、最初は好きではなかった」という「吉野狐」は、「人物描写を丁寧に、心理描写も伝えたい」といい、先代が手がけただけに「そこをやってこそ三代目 菊丸かなと。けじめということで」と力を込める。師匠・林家染丸からは「『吉野狐』を披露することは賛成している。アドバイスを求めたら『うーん、ないな』と言っていた」と笑わせていた。

 襲名してからは「後輩から『付き合いが悪くなった』と言われる。あしたの仕事がとても大事」と変化を明かし「昔も大事だったけれど、今はいいところのポジションで出してもらえるので、ちゃんと準備しないと。邁進する時期なんだと思います」と話していた。

 11月8日、天満天神繁昌亭にて開催。



関連写真

  • 独演会での意気込みを語った林家菊丸 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第一回 三代目林家菊丸独演会〜家の芸〜』開催会見を開いた林家菊丸 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス