• ホーム
  • 芸能
  • 退院の北斗晶、早くも手料理 健介「母は強し!」

退院の北斗晶、早くも手料理 健介「母は強し!」

 元プロレスラーでタレントの佐々木健介(49)が4日、自身のブログを更新。乳がんのため右乳房全摘出手術を受け、きのう3日に退院した妻でタレント北斗晶(48)の様子を伝えるとともに「主治医の先生と共に頑張っていくつもりです」と前向きにつづっている。

 「んーやっぱり良いな」のエントリーで健介は「んーーー女房が台所に立ってるって、やっぱり良いな」と北斗が台所に立ち料理をする写真を掲載。「無理しないでくれって言っても、ご飯は作りたいんだって。子供達に久々に作って食べさせたいんだって」と明かし「母は強し! 手術したのが嘘みたいだよ。チャコを見て!」とつづった。

 また、会見の際に伝えた生存率の件について触れ「報道を観たとあちこちからご心配のご連絡を頂きましたが、手術前に色々説明された中での告知でしたから」と説明。「病院や先生によって見解も違いますからね 術後は癌を取って生存率もグンと上がったと先生も言ってくれてるし。会見での言葉足らずが、大きな心配をかけてしまってすみません」とお詫びした。

 続けて「乳癌のデーターは俺も沢山調べたけど、沢山ありすぎて、治療法もどれが正しいのかなんてわかりませんから、信頼する主治医の先生と共に頑張っていくつもりです」と前向きにつづると「今日のご飯は何かな〜?」とブログを結んでいる。



オリコントピックス