• ホーム
  • 芸能
  • 野性爆弾・くっきー、改名由来明かす「ベッキーみたいになりたい」

野性爆弾・くっきー、改名由来明かす「ベッキーみたいになりたい」

 お笑いコンビ・野性爆弾くっきーが4日、京都・藤井大丸でライブペイントのパフォーマンスを行った。先月12日に行われたコンビ20周年記念単独ライブで、川島邦裕から改名したばかりだが、由来について「ベッキーが好きだから」と照れながら明かした。

 「街を歩いていて川島って呼び捨てにされるのが嫌だった」と改名を決意し、「くっきーだったら、ヤンキーが言っていても嫌な気がしない」と新しい名前に満足げ。

 かわいらしい名前の由来は「(シャンプーハットの)こいでから『誰みたいになりたいの?』って聞かれたときに、『ベッキーがベスト』と言ったらそうなりました。ベッキーも喜んでいると思いますよ」と笑わせていた。

 今後も当面はくっきーの名前で活動するが、「ほかにも付けたかった名前があるので、全部制覇したい。“自歩”と書いてジッポとか。自分のなかでランクあがったら変えていく」と宣言。ランクアップは給料が上がることだといい、次の改名は15年以内に「50万になったら」と目標を掲げた。

 ライブペイントでは、多くの観客に至近距離で見守られながら「地球規模をイメージした」という個性あふれる絵を描き上げた。同所では、『京都国際映画祭 2015』(15〜18日)に先行して、18日までアーティストによる作品展示などアート企画展を開催中。



関連写真

  • 改名の由来を明かした野性爆弾のくっきー (C)ORICON NewS inc.
  • 独創的な絵を描き上げた (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス