• ホーム
  • 芸能
  • 菜々緒、下着姿で現場“かっ歩”を反省 悪女イメージは「気にしない」

菜々緒、下着姿で現場“かっ歩”を反省 悪女イメージは「気にしない」

 モデルで女優の菜々緒が4日、都内で行われた10月20日スタートの関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『サイレーン刑事×彼女×完全悪女』(毎週火曜 後10:00※初回のみ後9:00〜2時間SP)制作発表に出席。過去の作品での役どころから、実生活でも“悪女”というイメージが浸透していることについて「あまり気にしてません」と語った。

 ドラマ『ファーストクラス』でも“性悪女”を好演した菜々緒は、冒頭で「最近では、すっかり悪女キャラが定着してきました」とあいさつ。「今回は、今までで一番の悪女を演じさせていただきます。気合しかないです」と意気込んだ。

 同タイトルにかけて「自分が悪女だと思うエピソードは?」との質問を受けると、「性格は割とオトコっぽいので、世間的なイメージはあまり気にしない」と笑顔。「友達からは『何か悪女ばっかりで、かわいそうだね』って言われるんですけど、そう思ってない。逆に街中を歩いていても怖がられて声をかけられないから楽だなって思います」と明かした。

 また、劇中で“下着姿”になるシーンがあったそうだが「(撮影の合間)ずっと下着でウロチョロしていて…モデルの仕事もしてるので、恥ずかしがるのもあれかなって思ったんですけど、ちょっとマズかったかな」と反省していた。

 会見にはそのほか、松坂桃李木村文乃山口紗弥加光石研船越英一郎も出席。同ドラマは『週刊モーニング』(講談社)で連載されていた山崎紗也夏氏の漫画を、『アンフェア』シリーズなどを手がけた佐藤嗣麻子氏の脚本でドラマ化。初動捜査に携わる機動捜査隊(通称:キソウ)の刑事たちの活躍に、バレたら引き離されてしまう職場恋愛を絡めたクライム“ラブ”サスペンスとなっている。



関連写真

  • ドラマ『サイレーン』制作発表に出席した菜々緒 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『サイレーン』制作発表に出席した(左から)光石研、菜々緒、松坂桃李、木村文乃、山口紗弥加、船越英一 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス