• ホーム
  • 芸能
  • 高いポテンシャルを感じさせる実力派女優 門脇麦

高いポテンシャルを感じさせる実力派女優 門脇麦

 7月にスタートの『探偵の探偵』(フジテレビ系)でDV被害者と人格障害者を、NHK朝の連続テレビ小説『まれ』では土屋太鳳演じるヒロイン・希の同級生の寺岡みのり役を熱演。実力派女優として門脇麦に注目が集まっている。

 門脇は東京都出身の23歳。女優デビューは11年1月スタートのドラマ『美咲ナンバーワン!!』(日本テレビ系)で、以降さまざまなドラマ、映画に出演してきた。9月26日に公開した時代劇映画『合葬』では、主要キャストの1人である福原砂世役を演じている。

 門脇が注目を集めるきっかけとなったのは、21歳の時に出演した14年3月の映画『愛の渦』だ。オーディションで「地味で真面目そうな容姿ながら、誰よりも性欲が強い女子大生役」を勝ち取り、ヌードにも初挑戦した。同年6月にスタートの『セーラー服と宇宙人(エイリアン)〜地球に残った最後の11人〜』(日本テレビ系)では初のドラマ主演、来年夏には初の映画単独主演作『二重生活』の公開も決まっている。

 同志社女子大学情報メディア学科教授の影山貴彦氏は、「底知れぬポテンシャルを感じさせる女優」だと語る。「『まれ』をとってみてもヒロインの希の義理の妹で親友というなんでもない設定にもかかわらず示したあの存在感は、彼女に女優としての懐の深さがあってこそ。並の女優ではあそこまでのインパクトは残せない」と称賛する。「ただ、まだまだ彼女のポテンシャルに見合うだけの作品に出合えていない印象。出合えた時が楽しみだ」と語っている。

(ORIGINAL CONFIDENCE 15年10月5日号掲載)



関連写真

  • 『探偵の探偵』(フジテレビ系)やNHK朝の連続テレビ小説『まれ』に出演し、注目を集める門脇麦
  • 9月26日に公開した時代劇映画『合葬』では、主要キャストの1人である福原砂世役を演じた(C)2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会

オリコントピックス