• ホーム
  • 芸能
  • なお美さん、腫瘍に「戒めくん」と呼び名 鎧塚氏が闘病生活明かす

なお美さん、腫瘍に「戒めくん」と呼び名 鎧塚氏が闘病生活明かす

 先月24日に肝内胆管がんのため亡くなった女優・川島なお美さん(享年54)の告別式が2日、東京・青山葬儀所にてしめやかに営まれた。夫でパティシエの鎧塚俊彦氏は、喪主のあいさつで、川島さんが病気と正面から向き合い闘い抜いたことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 「女房は過去を振り返ることはせず、現在と未来を考えることを念頭に置き、前向きに生きました」と偲び、「女房は最後の最後まで諦めることはしなかった。女房は他界したくらいでへこたれる女性ではありません。今もこのどこかでこの話を聞いて『私は次のステージを考えているよ、元気出して』と言っているような気がします」と気丈に話した。

 続けて「女房が最後まで戦った舞台。お医者様から言われたのは『舞台は奥さまの寿命を縮めたのでは決して無い。舞台があったからこそ、奥さまはあそこまで生きれた』と。最後は肝臓は機能せず、腹水が5リットルも溜まったなかでお医者さまは奇跡だと。あんな体で演じるのは奇跡だと。そこまでいくと止めることはできませんでした」と声を震わせながら回顧。

 壮絶な闘病生活のなかでも「女房の体にできた腫瘍でさえも“戒めくん”と呼んで前向きに考えておりました」と明かすと、2014年1月の手術前日に記したメモを紹介。「女優として可能性を広げ、映画、舞台、テレビドラマ、ラジオ、CM、もっともっと川島なお美を進化熟成させるための糧になる。試練を与えてくださった神様、戒めくん、ありがとう。私はまだ生きます」。

 そのほか、作家の林真理子氏、女優の倍賞千恵子、太田プロダクション・代表取締役社長の磯野太氏が弔辞、片岡鶴太郎の弔電を司会の徳光和夫が代読した。

 林は「最後にお約束します。あなたの最愛の人、鎧塚さんを決して孤独にはしません。私たち仲間が友情で支えます。だから安心してください」と涙声で誓い、倍賞も「あなたが逝ってしまった夜、今までとは変わらない美しいあなたの顔を見て、頬に触り手を握ったあの夜からきょうまで、あなたは私のすぐそばにいるような気がしているよ」と涙ながらに弔辞を読み上げた。

 参列者は秋野暢子秋元康氏、ウド鈴木(キャイ〜ン)、小倉久寛神田川俊郎氏、草なぎ剛(SMAP)、小六禮次郎、釈由美子、デヴィ夫人永井大中島美嘉、西川史子、錦野旦、鳩山邦夫衆院議員、はるな愛肥後克広ダチョウ倶楽部)、彦麻呂、別所哲也松本明子、吉田照美。(50音順)



関連写真

  • 川島なお美さんが病気と正面から向き合い闘い抜いたことを明かした喪主の鎧塚俊彦氏
  • ワインボトルや愛犬・シナモンの人形が添えられた川島なお美さんの祭壇 (C)ORICON NewS inc.
  • 川島なお美さんの葬儀で弔辞を読み上げた太田プロダクション・代表取締役社長の磯野太氏
  • 川島なお美さんの葬儀で弔辞を読み上げた太田プロダクション・代表取締役社長の磯野太氏
  • 川島なお美さんの葬儀で司会を務めた徳光和夫
  • 川島なお美さんの葬儀で弔辞を読み上げた倍賞千恵子
  • 川島なお美さんの葬儀で弔辞を読み上げた倍賞千恵子
  • 川島なお美さんの葬儀で弔辞を読み上げた林真理子氏
  • 川島なお美さんの葬儀で弔辞を読み上げた林真理子氏

オリコントピックス