• ホーム
  • 映画
  • 浅野忠信、夫婦役の深津絵里と「愛情や絆が芽生えた」

浅野忠信、夫婦役の深津絵里と「愛情や絆が芽生えた」

 女優の深津絵里、俳優の浅野忠信が10月1日、都内で行われた映画『岸辺の旅』の初日舞台あいさつに出席。夫婦役を演じた二人は、撮影を通して感じた心境を語り合った。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、湯本香樹実氏による小説を映画化。3年間行方をくらましていた夫が帰宅し、離れ離れだった夫婦が空白の時間を取り戻すように旅に出るさまを描く。

 浅野は、撮影を通して「深津さんに対する愛情や絆は、たくさん芽生えた」といい、「深津さんじゃなかったら、全然違う優介(役名)になってたと思う。想像以上の関係や絆を強めることができて感謝しています」と感慨深げ。

 深津も「ありがたい言葉の数々。うれしいですね」とほほ笑むと「愛こそがすべてだとよくわかる作品になっています」とアピールした。

 舞台あいさつにはそのほか、小松政夫柄本明黒沢清監督が出席。フランス大使館文化部のヌーレディン・エサディ氏がゲスト登場し、深津へ花束をプレゼントした。



関連写真

  • 深津絵里(左)との夫婦役に「愛情や絆が芽生えた」と語った浅野忠信(右) (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)黒沢清監督、柄本明、深津絵里、浅野忠信、小松政夫、ヌーレディン・エサディ氏 (C)ORICON NewS inc.
  • フランス大使館文化部のヌーレディン・エサディ氏かっら花束をプレゼントされた深津絵里 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『岸辺の旅』の初日舞台あいさつに出席した柄本明 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『岸辺の旅』の初日舞台あいさつに出席した小松政夫 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス