OKAMOTO’S、小説版『OPERA』書籍化決定

 ロックバンド・OKAMOTO’Sがきょう発売したニューアルバム『OPERA』から派生して生まれた小説版が、書籍化されることが明らかになった。

 6枚目のオリジナルアルバムとなる本作は、全体を通して一つの物語を形成する“ロック・オペラ”がテーマ。収録曲順にレコーディングをすることにより、OKAMOTO’Sの新たな方向性を示す斬新な内容。同作から派生した小説版『OPERA』は、メンバーが考案したアルバムのストーリーを気鋭のクリエイター・草なぎ洋平が独特の目線で物語にした。

 主人公は音楽好きから念願の音楽業界に入った入社2年目の富井一(はじめ)ことトミー。ある晩泥酔してカギ、ケータイ、サイフをなくしたことにより“現代版・三重苦”を背負い、それに起因するさまざまな事柄や心境の変化が1日を通して目まぐるしく展開していく。

 小説版『OPERA』(河出書房新社、1500円)は11月1日からスタートする『OKAMOTO’S TOUR 2015-2016 “LIVE WITH YOU”』のライブ会場で販売されるほか、11月上旬から全国書店で随時発売される。アルバム特設サイトでは小説の一部を公開中。

■『OPERA』SPECIAL SITE
http://www.okamotos.net/special/opera/

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • OKAMOTO’S
  • OKAMOTO’S×草なぎ洋平『OPERA』(河出書房新社)

オリコントピックス