• ホーム
  • 芸能
  • 【キングオブコント】コロコロチキチキペッパーズ、アレ言い忘れて「やっべぇぞ!!」

【キングオブコント】コロコロチキチキペッパーズ、アレ言い忘れて「やっべぇぞ!!」

 10月11日に行われる『キングオブコント』(TBS系で午後7時より生放送)を前に、ファイナリスト10組がオリコン芸能ニュース(動画)で、公約を発表した。優勝賞金1000万円を目指して、コントの面白さを競い合う頂上決戦。「やっべぇぞ! やべぇ〜」のネタで人気急上昇中のコロコロチキチキペッパーズの公約は?

【写真】その他の写真を見る


 優勝した暁には、ナダル(30)の出身地、京都・南山城村で「凱旋ライブの開催」を公約に掲げた。「やまなみホールという僕らの血税が注がれたホールがあるので、そこで単独ライブしたいと思います」(ナダル)と魅惑ボイスで宣言した。

 優勝できなかった時は、「1ヶ月間、白ご飯を食べません」と西野創人(23)。ナダルも「1ヶ月半、1日3食、白ご飯と納豆のみで頑張ります。昔、自分を戒めるためにやったことがあるんです」。食事制限を公約にして「大丈夫?」と確認すると、「大丈夫です」とマジレスし、肝心な「やっべぇぞ!」を言い忘れるほど本気度をのぞかせていた。

 コロチキの二人は、よしもと大阪の所属で結成4年目。声優ばりの良い声で「やっべぇぞ」のネタを繰り出すナダルとツッコミ担当の西野は、関西のお笑い番組に出始めるとすぐに人気となり、今年4月、『アメトーーク!!』(テレビ朝日系)の“ザキヤマ・フジモンのパクりたい芸人グランプリ”に出演したのをきっかけに、一気に全国区に。『キングオブコント』でも初のファイナリストに駆け上がり、今大会のダークホースと注目されている。ちなみにナダルの芸名は、「笑いのラリーを返す」という思いを込めて、スペインのプロテニス選手ラファエル・ナダルに由来する。

 今回の『キングオブコント』は、審査方法を一新。これまで、準決勝で敗れた芸人100人が審査を行ってきたが、今回は第一線で活躍し続けるレジェンドであり、“現役”のコント師でもあるさまぁ〜ず、バナナマン、そして第1回(2008年)からMCを務めてきたダウンタウンの松本人志の5人が審査員を務める。司会はダウンタウンの浜田雅功。

 決勝戦は、抽選で決まった順にファーストステージのネタを披露。上位5組のみがファイナルステージに進み、2ネタ目を披露する。合計点が最も高かったものがキングとなる。

■ファーストステージのネタ順
1:藤崎マーケット
2:ジャングルポケット
3:さらば青春の光
4:コロコロチキチキペッパーズ
5:うしろシティ
6:バンビーノ
7:ザ・ギース
8:ロッチ
9:アキナ
10:巨匠

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 『キングオブコント2015』への意気込みを語ったコロコロチキチキペッパーズ(左から)ナダル、西野創人(C)ORICON NewS inc.
  • コロコロチキチキペッパーズの公約は… (C)ORICON NewS inc.
  • コロコロチキチキペッパーズが優勝できなかったら… (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス