• ホーム
  • 芸能
  • 【キングオブコント】公約発表 藤崎マーケットは「ダンディ坂野に土下座」!?

【キングオブコント】公約発表 藤崎マーケットは「ダンディ坂野に土下座」!?

 10月11日に行われる『キングオブコント』(TBS系で午後7時より生放送)を前に、ファイナリスト10組がオリコン芸能ニュース(動画)で、公約を発表した。優勝賞金1000万を目指して、コントの面白さを競い合う頂上決戦。ファイナリストたちは優勝を果たした時、あるいは優勝できなかった時の公約に並々ならぬ意気込みを込めた。

【写真】その他の写真を見る


 ファーストステージのネタ順に、1組ずつ紹介。1組目、結成11年目にして初のファイナリストとなった藤崎マーケットの公約は、「優勝して1000万円獲得したら、リズムネタ芸人を集めてセミナーを開催します。優勝できなかったら、一発屋の雄、ダンディ坂野さんに土下座してお詫びします」。

 藤崎マーケットは、NSC大阪26期生のトキ(30)と田崎佑一(34)で2005年10月に結成。06年、リズムネタ「ラララライ体操」で大ブレークしたが、2年後には仕事が激減。ネットでは死亡説や屋台を引っ張ってタンクトップを売り歩いているというデマまで流れたほど姿を消した。

 一発屋の悲劇を身をもって経験した二人は結成10周年の節目に一念発起、ライブの出演数を増やし、ネタの数も増やし、初心に戻って臨んだのが今回のキングオブコントだった。

 「優勝賞金をリズムネタ芸人のためのセミナー開催につぎ込む」とトキ。「リズムネタが恐ろしく体に悪いことだと身を持って伝えていきたい。いろんな芸人がリズムネタに手を出して、どんどん追い込まれている。メディア難民(テレビから消える芸人)が増えないようにしたい」と語っていた。

 また、ダンディ坂野とは8月に開催された真の一発屋芸人を決定する『第1回 一発屋オールスターズ選抜総選挙 2015』で顔を合わせ、「いろんな年代の一発屋が集まって、僕らにしてみたらヒーローたちの集まり、『アベンジャーズ』みたいなイベントでしたが、その中でも坂野さんの存在感は飛び抜けていた」とその人柄にもひかれたという。

 今回の『キングオブコント』は、審査方法を一新。これまで、準決勝で敗れた芸人100人が審査を行ってきたが、今回は第一線で活躍し続けるレジェンドであり、“現役”のコント師でもあるさまぁ〜ず、バナナマン、そして第1回(2008年)からMCを務めてきたダウンタウンの松本人志の5人が審査員を務めることになった。司会はダウンタウンの浜田雅功が一人で担当する。

 決勝戦は、抽選で決まった順にファーストステージのネタを披露。上位5組のみがファイナルステージに進み、2ネタ目を披露する。合計点が最も高かったものがキングとなる。

■ファーストステージのネタ順
1:藤崎マーケット
2:ジャングルポケット
3:さらば青春の光
4:コロコロチキチキペッパーズ
5:うしろシティ
6:バンビーノ
7:ザ・ギース
8:ロッチ
9:アキナ
10:巨匠

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 『キングオブコント2015』への意気込みを語った藤崎マーケット(左から)田崎佑一、トキ (C)ORICON NewS inc.
  • 藤崎マーケットが優勝出来なかったら… (C)ORICON NewS inc.
  • 藤崎マーケットの公約は… (C)ORICON NewS inc.
  • 『キングオブコント2015』への意気込みを語った藤崎マーケット(左から)田崎佑一、トキ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス