• ホーム
  • 映画
  • 竹内結子、ホラー苦手で主演作の脚本読めず「克服できなかった」

竹内結子、ホラー苦手で主演作の脚本読めず「克服できなかった」

 『第28回東京国際映画祭(TIFF)』のラインナップ発表会が29日、都内で行われ、コンペティション部門で上映されるホラー映画『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』(中村義洋監督)で主演する竹内結子が登場。ホラーが苦手だという竹内は「(怖くて)なるべく早く家に帰って、なんだったら塩でもまきたかった」と撮影を振り返った。

 同作は、小野不由美氏のホラー小説を実写映画化。発売と同時に読者からは「あまりにも怖くて最後まで読めない」と噂が立つほど話題となり、第26回山本周五郎賞を受賞した。

 主演の竹内は怖がってなかなか脚本を読めなかったようで、中村監督は「出るって言ってくれているのに、脚本を全然読んでくれないから出ないんじゃないかと思った。4回くらい(読もうと)トライしてやめているんだよね」と暴露。撮影中の竹内についても「瞳孔が開いていたり、肩甲骨が翼が生えたみたいに上がっていたり、人は怖いとこうなるんだと思った」と苦笑しながら明かしていた。

竹内は「怖いものが苦手だと気づかないくらい、避けて通ってきた道。監督に弱音を吐きつつ、撮影前にやっと人がいっぱいいる明るい場所で脚本を読めました」と笑い、撮影を終えても「恐怖は克服できませんでした」と話していた。

 TIFFは世界中から監督や俳優、映画関係者などが集まるアジア最大級の国際映画祭。六本木ヒルズ、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ 新宿などを会場に、10月22日から31日まで開催される。



オリコントピックス