• ホーム
  • 芸能
  • 北斗晶、乳がん手術経過報告 つんく♂の激励「心に響いた」

北斗晶、乳がん手術経過報告 つんく♂の激励「心に響いた」

 乳がんのため24日に右乳房全摘出手術を受けた元女子プロレスラーでタレントの北斗晶(48)が26日、術後初めて自身のブログを更新。「胸を無くしても命はなくさない!! これからも生きる為に頑張るつもりです」と綴った。

【写真】その他の写真を見る


 「手術も無事に終わり、薬で寝ていたので目覚めて…気がつけば数日経っていた感じです」という北斗は「胸の腫瘍は、手術で取り出した時には直径2.5cmになっていたそうで、やはり脇のリンパにも転移してしまっていたらしく、手術は脇の腫瘍も取る事になった」と説明。術後の経過については「順調に回復しています。いい先生や看護師さんに助けられ、自分の足でトイレにも行ける様になりました」と報告した。

 脇の腫瘍を取ったことで、動きが鈍くなったという右手のリハビリを開始した北斗は「オッパイが片方ないのは、洋服の上からでも分かるんだけど、どうしても自分ではまだ右胸を見る勇気がなくて…見たら、パニックになっちゃいそうなので、もう少し落ち着いたら、気持ちをしっかり持って一歩進めればと思います」と綴った。

 ファンや仲間から寄せられたメッセージにも感謝した北斗は「どれも仲間っていいな〜と涙が出るほど嬉しくて。。。中でもつんくさんからのLINEには、生きる事の大切さと家族の大切さ、そして…休む事で忘れ去られてしまうんじゃないかと思う怖さ。今の私が感じている全てをすくい上げてくれると様な内容で。場所は違えど癌に立ち向かう人の言葉は大きく心に響きました?」と、昨年10月に喉頭がんのため声帯の摘出手術を受けたつんく♂から激励されたことも明かした。



関連写真

  • 乳がん手術の経過を報告した北斗晶 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス