• ホーム
  • 芸能
  • 小椋久美子、初芝居でレースクイーンに挑戦

小椋久美子、初芝居でレースクイーンに挑戦

 元バドミントン選手の小椋久美子が26日、都内で行われた三重県新プロモーション発表会&COOL MIEスペシャルトークライブに出席した。タレントの足立梨花WエンジンチャンカワイとともにWEBショートドラマ『三重Uターンサミット』(公開中)で初めて芝居に挑戦。3人が同県でのUターンに憧れるという設定のもと、鈴鹿サーキットのレースクイーン衣装に身を包んだ小椋は「監督がカメラ小僧役をやってくれたので緊張がほぐれました」と照れながら明かした。

【写真】その他の写真を見る


 同県出身の小椋とチャンカワイ、長崎で生まれ三重で育ったという足立は、撮影ですっかり意気投合した様子。小椋が「三重の話題があるので盛り上がった」と振り返る一方、チャンカワイは「あの後すぐバイバイした」と嘆き「LINEグループを作りましょう!」と持ちかけていた。

 イベントには三重名物の伊勢海老が生きたまま登場。チャンカワイは手足がまだ動いている状態の伊勢海老をこわごわつかんだが「本当におとなしくてびっくりしています」と肩透かしで「優しくておいしいけどリアクション芸人としては残念」と肩を落とし、笑いを誘っていた。



関連写真

  • 三重県新プロモーション発表会に出席した(左から小椋久美子、鈴木英敬三重県知事、足立梨花、チャンカワイ)
  • 三重県新プロモーション発表会に出席した小椋久美子 (C)ORICON NewS inc.
  • 伊勢海老メニューを試食(左から小椋久美子、チャンカワイ、足立梨花)
  • 伊勢海老の大人しさに肩透かしを食らったチャンカワイ
  • 三重県新プロモーション発表会に出席した足立梨花

オリコントピックス