• ホーム
  • 芸能
  • ジャイアント白田の記録を破る“新人”現る 『大食い王決定戦』

ジャイアント白田の記録を破る“新人”現る 『大食い王決定戦』

 26日にテレビ東京で『元祖!大食い王決定戦新絶対王者襲名戦〜東西予選』が放送され、今まで誰にも破られていなかった、ジャイアント白田が2006年に残した伝説の記録「30分で寿司100皿」を突破した大型新人が現れた。記録更新は9年ぶり。これまでも多くのスター選手を発掘してきた「大食い」特番だが、この大型新人は本選でどんな活躍を見せるのか? 『元祖!大食い王決定戦 新絶対王者襲名戦』は、あす27日(後6:30〜10:08)に同局系で放送される。

 予選でジャイアント白田の記録を破ったのは鈴木隆将(34)。今回「大食い」特番に初参加した。赤阪尊子、ドクター西川、キング山本ら数々の大食いスターを生み出してきた聖地、東京・高円寺「桃太郎すし」で8月2日に行われた東京予選。鈴木は2貫(カン)丸ごといっぺんに口に放り込む「2カン食い」を披露。寿司は生マグロ、サーモン、ホタテ、玉子、イクラの5種類で1皿(2貫)となっている。

 信じられない速さで食べ進めた鈴木は、白田のデビュー時の記録85皿を軽々と突破し、制限時間30分が過ぎた時、白田の全盛期の記録100皿(200貫)超えを達成。本選出場も決めた。

 今回の“襲名戦”には、今春の女王戦を制した爆食女王・もえのあずき、昨秋の王者・渡邉康仁ら男女合わせて8人が出場。国内3試合と海外3試合で熱戦を繰り広げる。

 国内1回戦は2チームに分かれ、チームAは群馬県大泉町で本格シュラスコ勝負。重量1キロの牛肉ほか、巨大肉料理が次々に選手たちを襲う。チームBは栃木県宇都宮市でギョーザの食べまくり勝負。7店舗・数百個ものギョーザが選手たちの胃袋に消えていく。そして2回戦を勝ち抜いた5人が海外の南国リゾートに戦場を移し、絶対王者を決める戦いに挑む。新時代の絶対王者は果たして誰か!?



関連写真

  • 『元祖!大食い王決定戦新絶対王者襲名戦』テレビ東京系で9月27日放送(C)テレビ東京
  • ジャイアント白田の記録を破った“新人”鈴木隆将(C)テレビ東京
  • 今春の女王戦を制した爆食女王・もえのあずき(C)テレビ東京

オリコントピックス