• ホーム
  • 音楽
  • TETSUYA、「SPROUSE」レーベル再始動 プロデューサー活動予告も

TETSUYA、「SPROUSE」レーベル再始動 プロデューサー活動予告も

 ロックバンド・L’Arc〜en〜CielのリーダーでベーシストのTETSUYAが、自身のレーベル「SPROUSE(スプラウズ)」をブラザー工業、エクシング(ジョイサウンド)とタッグを組んで再始動させることが明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 「SPROUSE」は、TETSUYAが2001年にソロデビューするにあたって立ち上げたレーベル。英語で「新芽」「突如として現れる」「急に伸びる」を表す「sprout」、「目覚める」「奮起する」を意味する「rouse」を組み合わせて名づけられた。

 同レーベルは、新たにブラザーグループに加わったテイチクエンタテインメント内に移籍。来年ソロデビュー15周年を迎えるTETSUYAは「僕の作品はもちろんのこと、レーベルプロデューサーとして、いいアーティストがいればどんどん紹介していきたいと思っていますので楽しみにして待っていてください!」とコメントしている。

 10月4日には恒例のバースデーライブ『TETSUYA LIVE 2015 “THANK YOU”』が東京・Zepp DiverCityで開催される。



関連写真

  • TETSUYAが自身のレーベル「SPROUSE(スプラウズ)」を再始動
  • (写真左から)ブラザー工業(株)取締役 常務執行役員 神谷純氏、(株)エクシング代表取締役社長 吉田篤司氏、TETSUYA(SPROUSE レーベルプロデューサー)、(株)テイチクエンタテインメント代表取締役会長 中谷幸夫氏
  • 自身のレーベル「SPROUSE(スプラウズ)」を再始動させるTETSUYA

オリコントピックス