• ホーム
  • 芸能
  • つんく♂、NHK『SONGS』出演 桜庭裕一郎が「ひとりぼっちのハブラシ」披露

つんく♂、NHK『SONGS』出演 桜庭裕一郎が「ひとりぼっちのハブラシ」披露

 喉頭がんのため声帯を全摘出した音楽プロデューサーのつんく♂(46)が、10月3日のNHK音楽番組『SONGS』(毎週土曜 後11:30)に登場することが25日、わかった。TOKIOの長瀬智也がドラマで演じた“桜庭裕一郎”名義で2001年にリリースした楽曲「ひとりぼっちのハブラシ」にギター演奏で参加するほか、パソコンによる筆談インタビューに応じている。

【写真】その他の写真を見る


 番組では長瀬のほか、つんく♂が初めてプロデュースした子守唄「うまれてきてくれて ありがとう」をクミコが披露。さらに、クリス・ハートが、つんく♂たっての願いでシャ乱Qのヒット曲「ズルい女」を、つんく♂自身のプロデュースした新しいアレンジでカバーする。

 さらに、インタビューでは病気が発覚した時の心境、支えてくれた妻や子供への思い、そして、今だからこそ感じている音楽への向きあい方など、赤裸々に告白。「一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選んだ」つんく♂が、「こんな私だからできること。こんな私にしかできないこと」を探し始めた今の姿に迫る。



関連写真

  • NHK『SONGS』で「ひとりぼっちのハブラシ」にギター演奏で参加するつんく♂
  • つんく♂自身がプロデュースした新しいアレンジで「ズルい女」を披露
  • クミコのパフォーマンスを見るつんく♂
  • NHK『SONGS』に出演することが決定したつんく♂
  • NHK『SONGS』に出演するクミコ
  • クリス・ハート「ズルい女」
タグ

オリコントピックス