• ホーム
  • 芸能
  • 川崎麻世、親友・川島なお美さんを追悼「愛を持った厳しさがあった」

川崎麻世、親友・川島なお美さんを追悼「愛を持った厳しさがあった」

 俳優の川崎麻世(52)が25日、日本テレビ系『スッキリ!』に生出演し、きのう24日に亡くなった女優の川島なお美さんとの思い出を語った。

 川崎は、2013年にミュージカル『フットルース』で夫婦役を演じ、今年11月にも『クリスマス・キャロル』でも共演予定だった川島さんは、何度も一緒に食事に行った“親友”だといい、「非常にストイックで、愛を持った厳しさがあった。妥協を許さなかった」と女優としての姿勢を絶賛。

 それだけに「絶対に(病気を)乗りきれると信じていた」という。しかし、川島さんが最近の舞台の稽古でせりふが出てこないことがあったことを明かし、「せりふを忘れるなんてことはなかった。よほど苦しかったけど、ぎりぎりまで貫いたんだと思う」と、最後まで女優として人生を全うした川島さんを悼んだ。

 川崎は25日の午前1時20分にブログを更新し、「頭を殴られたような衝撃です。まだ肉声が耳に残っているのに。なお美ちゃんとのLINEを読み返すと涙が止まらない。川島なお美ちゃんが天国逝ってしまったなんて信じられないです」とつづっていた。



オリコントピックス