• ホーム
  • 芸能
  • 篠田麻里子、AKB卒業後初レコーディング ソロ2曲目はペット番組のテーマ曲

篠田麻里子、AKB卒業後初レコーディング ソロ2曲目はペット番組のテーマ曲

 タレントの篠田麻里子が、2013年7月に人気アイドルグループ・AKB48を卒業して以来となるレコーディングを行っていたことがわかった。タレントの関根勤とともにMCを務めるABC・テレビ朝日系『ペットの王国 ワンだランド』(毎週日曜 前9:30)の番組テーマソング「君がいるだけで」で、作詞は関根が担当した。篠田は「ソロは2曲目です。卒業前に秋元さんから11曲もらって。卒業後に関根さん作詞のこの曲をいただきました」と大喜び。ロック調で高揚感あふれる元気ソングに仕上がっている。

 ペットをテーマにした同番組は、開始から11年を経てリニューアル。ともに愛犬家である関根と篠田の二人が手がけた番組キャラクターと番組テーマソングがお目見えすることになった。

 番組キャラクターは、関根が赤いベストを着たゴールデン・レトリーバー(関根自身の愛犬も、番組の看板犬アースもゴールデン・レトリーバー)の「ケンちゃん」を、篠田はピンクのリボンと服を身につけた愛らしい女の子犬「リリちゃん」をそれぞれデザイン。10月4日の放送から、この新しいキャラクターとその仲間たちがにぎやかに番組を盛り上げる。

 篠田は「自分が描いたものが番組キャラクターになるというのが初めて。最終的に、すごくかわいいキャラクターになったと思っていますので、ぜひ見てください!」と、こちらも満足げだった。



関連写真

  • ABC・テレビ朝日系『ペットの王国 ワンだランド』の司会を務める関根勤と篠田麻里子(C)ABC
  • 新キャラ・新テーマソングは10月4日放送から登場(C)ABC

オリコントピックス