• ホーム
  • 映画
  • N.W.A.の真実描く『ストレイト・アウタ・コンプトン』 日本公開決定

N.W.A.の真実描く『ストレイト・アウタ・コンプトン』 日本公開決定

 アメリカの伝説的ヒップホップグループ・N.W.A.の知られざる物語を描いた映画『Straight Outta Compton』の邦題が『ストレイト・アウタ・コンプトン』となり、12月19日より日本公開されることが決定した。

 N.W.A.は1986年にアメリカ、カリフォルニア州コンプトンで、暴力に走らずラップという表現で権力者たちに立ち向かうグループとして結成。メンバーはイージー・E、MCレン、DJイェラ、アイス・キューブ、ドクター・ドレー、アラビアン・プリンスで構成された。

 映画タイトルの元にもなったデビューアルバム『Straight Outta Compton』は、暴力的なリリックを含みながらも理不尽な社会への反骨精神を等身大で表現したことが、若者を中心に大ヒット。黒人差別をする警察暴力への反対運動を加速させて社会現象にまで発展し、ロサンゼルス暴動の渦中に置かれ、N.W.A.は警察やFBIからも「世界で最も危険なグループ」として目をつけられる存在となった。

 同作では、彼らがN.W.A.を結成し、成功への道のりと挫折、名声の代償、権力や偏見との戦い、裏切り、そして友との別れの知られざる物語を描きだす。全米興行収入3週連続のNo.1を記録し、トム・クルーズ主演の『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のオープニング興行収入を抜き去り、さらには3連覇を阻止した。

 監督はN.W.A.メンバーと親交のあった『交渉人』のF・ゲイリー・グレイが務め、メンバーのドクター・ドレーとアイス・キューブも制作に名を連ねる。さらに、出演者は全員オーディションで選ばれたが、アイス・キューブ役を彼の実の息子であるオシェア・ジャクソン・Jrが熱演している。



オリコントピックス